在学生の奨学制度

高等教育の修学支援新制度 対象機関認定について

中京大学は「高等教育の修学支援新制度」の対象機関となるための認定申請を行い、2019年9月20日付で対象機関として認定されました。

大学等における修学の支援に関する法律施行規則第7条第2項の規定に基づき、「確認申請書」及び本制度の「対象機関一覧」を公表いたしますので以下よりご覧ください。

2020年4月より、本学に入学する学生及び在学生は、入学金や授業料の減免及び日本学生支援機構(JASSO)の給付型奨学金の支援を受けることができます。(所得基準等の条件があります)

なお、在学生向けの説明会は2019年11月に開催予定です。支援を希望される場合は必ず説明会に参加してください。日程等の詳細につきましては後日ALBO等でご案内いたします。

制度の概要や認定の要件等の詳細については、文部科学省や日本学生支援機構(JASSO)の以下サイトにてご確認ください。

各種奨学金制度

経済的理由で修学が困難になった学生を支援するために奨学金制度を紹介しています。 皆さんの経済状況に合った出願条件の奨学金制度を利用してください。

中京大学
※貸与奨学金は2017年度より
運用廃止になりました。

日本学生支援機構

地方自治体育英財団

奨学金を出願する前に

どうして奨学金が必要なのかを考えてください。

奨学金を受けたいと思った時は、まず何のために奨学金が必要なのかを具体的に考えてから選択してください。奨学金はそれぞれ自分の出願条件や支給条件があります。『奨学金を利用して何をしたいか』そして『そのためにはどの程度の金額が必要となるか』を可能な限り具体的に考えてください。

奨学金の種類はしっかりと確認してください。

奨学金には返還が不要な『給付型』と返還が必要な『貸与型』とがあります。自分が出願する奨学金がどちらであるかを必ず確認してください。

貸与奨学金を返還するのは卒業後の自分自身(学生)です。

貸与奨学金は卒業後に返還の義務が生じます。卒業後、どの期間にいくらずつ返還しなければならないかをきちんと把握し、責任をもって返還ができるよう計画してください。

奨学金を申請するのは学生本人です。申請の準備は自分でしてください。

説明会への参加、申請書や誓約書の作成および提出は学生本人が行ってください。ただし、申請の内容によっては『連帯保証人』や『保証人』に手続きをお願いすることがあります。

奨学金に関する連絡には注意を払ってください。

奨学金の連絡は『ALBO』もしくは『在学生・教職員』ページの『大学からのお知らせ』より行います。告知を見落としてしまうことで本人に不利益が生じることがありますので常に注意を払ってください。また、奨学生への連絡は『CUBICS』に登録されている住所および電話番号へ連絡します。住所、電話番号等が変更した場合には、『CUBICS』の内容を変更してください。

奨学金スケジュール

中京大学

奨学金制度

中京大学

中京大学

中京大学