学部紹介

 

日本文学科

単なる「国文学」ではありません。
世界における
「日本文学」を学びます。

日本文学科

本学科は、世界文学の中の日本文学がいかに位置するのか、またいかなる方向に進むべきなのかを考究することを、目標としています。その上で、本学科に学ぶ学生の多様な自己実現をサポートしたいと念じています。

そのために、教授陣の充実を図り、古代・中世・近世・近現代の各時代の文学を専門とする教員を配置して研究を深める一方、学生が日本文学の総体を把握した上で、学びたいものを学ぶことが可能になるように努めています。

さらに、日本語学・国語教育等の領域にも人材を配し、教育効果の向上を図っています。
また、専門知識を深め、研究を発展させていくために必要な古典籍や他の原典資料も、お伽草子や軍記物語を中心に収集を続けており、内外の高い評価を得ています。
価値観が多様化するなか、学生の自己実現を支援するために、これからもカリキュラムの充実や授業の改善、学習環境の整備に向けて努力していきます。

 

言語表現学科

一つの事実を伝える時でも、
多くの言葉、多くの言い方があります。
さまざまな言葉で、自分の感動を
正しく表現する力を養います。

言語表現学科

本学科は、高度情報化社会における日本語による多様な表現活動、日本語文化全般を研究対象とします。

現代メディアの状況を踏まえた「聞く・読む・書く・話す」技術の錬磨を通して、情報を正確に理解した上で、的確な日本語で自身の考えや思いを表現・発信できる能力の養成を教育上の目的とし、日本文学科・歴史文化学科との連携の下、その能力を高度に発揮して表現活動の第一線で活躍できる専門家をはじめ、優れた日本語運用能力・コミュニケーション能力によって社会に貢献できる人材を養成します。

研究方法としては、従来の文学のジャンルを超え、絵本、マンガ、映画など、言語による表現を伴う幅広い分野について、それらを学問的対象として捉え、客観的・科学的に観察・分析します。

言語表現の第一線で活躍する、現役アナウンサー、新聞記者、雑誌編集者などを教員に配し、即戦力として役立つ実践的な日本語表現を学ぶことができます。

 

歴史文化学科

歴史の中に、
未来へのヒントが
きっと在る

歴史文化学科

本学科は、地域特性を重視する視点に立って、日本の歴史文化を探究することを目標としています。中心的学問分野は、日本史学と日本民俗学です。教育到達目標として次のことを掲げます。

・歴史資料の特性や扱い方に関する知識を有し、資料を解読して情報を正しく接合させ、合理的推理に基づいて歴史像を構築することができる。
・日本の歴史の変遷について、正確に理解し、説明することができる。
・日本の伝統的習俗や社会事象について、その起源や意義を理解し、説明することができる。

こうした教育を通して、歴史の知識を糧としつつ、現代の諸課題に実証的態度で向き合うことのできる人材の養成に努めています。

教育・研究においては、現地・原物から獲得される知識を重んじ、それに対応して特徴ある科目・カリキュラムを備えています。
また、古文書実習室には、「日野烏丸家文書」「伊藤宗十郎家文書」をはじめとする古文書を収蔵し、原文書に接することで得られる教育上の効果を生んでいます。