公益通報者保護に関するガイドライン

学校法人梅村学園公益通報者保護に関するガイドライン

2011年7月27日制定
2013年4月1日改正
2015年4月1日改正
2016年4月1日改正
2017年10月1日改正

  学校法人梅村学園(以下「本法人」という。)は、公益通報者保護法その他関係法令等に従い、「学校法人梅村学園公益通報者保護に関する規程」(以下「規程」という。)を定めました。
  このガイドラインは、本法人の教職員及び本法人の業務に従事する者(以下「教職員等」という。)からの法令違反等に関する相談又は通報処理の仕組みを整備し、不正行為等の早期発見と自浄作用による積極的な是正を図るためのものであり、規程に基づいて定めています。

  1. 「公益通報」の定義について
      「公益通報」とは、教職員等について法令違反行為が生じ、又はまさに生じようとしている旨を、教職員等が、公益通報者保護法の定めるところにより、下記の公益通報等の窓口に通報することをいいます。ただし、不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他人事上の処遇への不満、誹謗中傷等は含みません。なお、公益通報者が本法人の学生、生徒及び保護者の方である場合も教職員等に準じて対応します。
  2. 「公益通報者保護法その他関係法令等」の遵守について
      本法人は、公益通報者保護法その他関係法令等を遵守し、公益通報をしたことを理由として公益通報者に対し、解雇(派遣契約、委託契約その他の契約に基づき本法人の業務に従事する者については、当該契約の解除)等の不利益な取扱いを一切いたしません。
  3. 「公益通報処理体制」について
    1. 「公益通報等の窓口」

      ①公益通報及び公益通報に関する相談(以下「公益通報等」という。)の窓口は、内部監査室です。

      ②内部監査室は、公益通報等により知り得た情報を秘密として取り扱い、秘密保持の徹底を図ります。

    2. 「公益通報等受領通知」

      ①電子メール、所定の書面(任意の書面も可。ファックスを含みます。)等による通報の場合、公益通報等を受けた旨を速やかに内部監査室から当該公益通報者に通知します。また、内部監査室以外の教職員等が公益通報等を受けた場合、直ちに内部監査室に連絡することになっていますので、内部監査室から当該公益通報者にその内容等を確認することになります。なお、匿名又は公益通報者が特定できない通報の場合は、このガイドライン及び規程の対象から外れます。

      ②内部監査室が公益通報者と面談するときは、公益通報者が特定されないように、また、プライバシーを侵害しないように最善の配慮をします。

    3. 「調査」

      ①理事長から任命された調査担当者(当該公益通報等の内容に関係しない者)は、公益通報者が特定されないよう十分留意します。

      ②調査の結果は、公益通報者に通知します。その際、被通報者、調査担当者及び調査協力者の信用及び名誉の毀損並びにプライバシーの侵害をしないように最善の配慮をします。

    4. 「是正措置等」

      ①調査の結果、法令違反等が判明した場合、本法人は直ちに是正措置及び再発防止策を講じるとともに、必要と判断されるときは、関係者の学内処分をする等適切な対応をします。また、必要に応じて関係行政機関に対する報告等も行います。

      ②是正措置及び再発防止策については、被通報者、調査担当者及び調査協力者の信用及び名誉の毀損並びにプライバシーの侵害をしないように、公益通報者に通知します。

    5. 「研究倫理に関する通報」

      中京大学の研究者の倫理に関する通報と判断する場合は、「中京大学研究倫理規程」に従い、対応することになります。

    6. 「キャンパス・ハラスメント及びスクール・ハラスメントに関する通報」

      キャンパス・ハラスメント及びスクール・ハラスメントに関する通報と判断する場合は、当該学校で定める規程に従い、対応することになります。

公益通報等の窓口 【内部監査室】
電子メール:kansa@mng.chukyo-u.ac.jp
ファックス:052-835-3927

大学案内