スポーツミュージアム企画展がオープン

中京大学スポーツミュージアム

中京大学スポーツミュージアムは、第6回企画展「2005→2020+1 東京大会から考える未来」を、7月23日から開催します。

■企画展概要

<2005→2020+1 東京大会から考える未来>

史上初の延期・無観客開催となった東京2020大会。誰もが経験したことのない事態を乗り越えようとする中で、大会を開催することの意義が問われました。観客のいない競技会場には、ひたむきに、自分らしさを求めて躍動するアスリートたちの姿がありました。その舞台を作り上げるプロセスでは、新しい価値が生まれるとともに、日本社会の課題が浮き彫りになりました。この展示では、大会閉幕までの16年間を象徴するトピックを集め、振り返ります。そこには、アスリートが誰よりも自分を厳しく見つめて未来を切り拓いていくように、スポーツと社会の未来を考える手がかりがあるかもしれません。

■会期

7月23日(土)〜12月23日(金)

開館時間:10:00-17:00(最終入館受付は16:00、日曜・月曜休館)

 *8月10日(水)〜8月24日(水)は大学夏季休業中のため休館

 *新型コロナウィルスの感染状況に応じて展示期間を変更することがあります。

 *開館日等の詳細は、中京大学スポーツミュージアムのホームページでご確認ください。

企画展2005→2020+1フライヤー.jpg
(クリックすると拡大画像が表示されます)

 

2022/07/22

  • 記事を共有