第3回特別企画展「知ってるようで知らない!学芸員の世界」

中京大学スポーツミュージアム

 中京大学スポーツミュージアムは、1月21日(木)から第3回特別企画展を開催中です。今回のテーマは、博物館を支える仕事「学芸員」。スポーツを専門とする博物館に焦点を当て、学芸員が普段担当している仕事内容や、その魅力を伝えます。

企画展ポスター.png

 本展示は、現代社会学部国際文化専攻科目「文化人類学実習」の履修生12人が制作しました。展示テーマについて全員で話し合い、その後グループに分かれてパネル原稿を作成しました。履修者全員、初めてこの規模の企画展に取り組みましたが、授業という限られた時間の中で、試行錯誤しながらひとつひとつ丁寧に制作しました。

 ぜひ企画展「知ってるようで知らない!学芸員の世界」にお越しください!

 ◆第3回特別企画展

 「知ってるようで知らない!学芸員の世界」

  期  間 : 2021年1月21日(木)~6月末(予定)

  開 館 日: 毎週 火~木曜日 10:00~17:00(最終受付16:00)

  場  所 : 豊田キャンパス3号館2階 

  料  金 : 無料

現代社会学部国際文化専攻 2020年度「文化人類学実習」履修者12名.jpg
現代社会学部国際文化専攻 2020年度「文化人類学実習」履修者12人

※本展示は、文化庁事業「スポーツミュージアムの連携によるスポーツレガシーの継承・啓発プロジェクト」の「スポーツミュージアムの専門人材育成プログラムの構築」で行われた内容の成果として制作されました。

 プロジェクトは、秩父宮記念スポーツ博物館を中核館として、日本オリンピックミュージアム、札幌オリンピックミュージアム、長野オリンピックミュージアム、中京大学スポーツミュージアム等のスポーツミュージアムおよび関係機関が連携して実施しました。

2021/01/25

  • 記事を共有