エコキャップ16万個、書き損じはがき262枚など回収
環境サークルNEOが2014年度の活動報告で協力に感謝

 2014年度NEOでは、キャップ回収、書き損じハガキ回収、省エネ運動の3つの活動に力を入れ取り組みました。キャップ回収では、本年度までに661,775個回収することができました。ワクチンに換算すると、791.3人分です。認定NPO法人JCVへ全て寄付しました。それらはJCVを通して、ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツに支援として送られます。書き損じハガキ回収では、262枚のハガキが集まりました。こちらは認定NPO法人ICANの協力のもと、換金後にフィリピンの貧しい子どもたちの生活向上のために、寄付されました。省エネ運動では、学生支援室の協力のもと、学内の照明、空調、生徒への呼びかけを行いました。

 これらの取り組みは、私たちだけの力ではなく、多くの方々のご協力があってこそ続けることができています。これからもこのことを忘れずに、自分たちができることを精一杯頑張っていきたいと思います。

(NEO代表 2年 新美千香子)

 私たち環境サークルNEOでは、普段の活動の一つとしてエコキャップ回収活動を行っています。通常であればペットボトルのキャップはゴミとして処分されてしまいますが、エコキャップとして回収し、リサイクルすることで焼却処分した際に発生するCO2を削減することができ、また世界の子供たちのためのワクチンを購入することができます。2014年度では162675個のキャップを回収しこれまでの活動と合わせて合計は66万を超えました。約791人分のワクチンを寄付することができ、またCO2排出量も大きく抑えることができました。

 キャップを集めるということは一見すると地味なように見えますが積み重ねると多くの人の役に立つことができます。それを実感することができ嬉しく思います。

(NEO副代表 2年 宇野裕耶)

  • 記事を共有