旧国際英語学科の4年生が最終年度謝恩会を開催 卒業論文を発表

 旧国際英語学科4年生は、1月19日にセンタービル2階ヤマテホールで旧国際英語学科最終年度謝恩会を行いました。

MiyanishFlwrGd.JPGのサムネイル画像 aUmeLowPaper.JPGのサムネイル画像
謝恩会の様子 梅村総長・理事長の挨拶

 国際英語学部は3年前より3専攻制となり、2002年に設立された国際英語学部国際英語学科は、私たち4年生をもって最終年度を迎えました。今回の謝恩会ではその学部の節目を旧国際英語学科で祝いました。

MomokoVgd.JPG
卒論の発表

 謝恩会では卒業論文発表会と懇親会を行いました。冒頭には学科主任のジェームズ・ダンジェロ先生により紹介を受けた梅村清英総長・理事長より、開会の挨拶を頂きました。旧国際英語学科が2002年に境賛三先生によって設立されたことや、中京大学同窓会アメリカ合衆国支部の立ち上げの話にも触れられました。

JiMArisaGang.JPGのサムネイル画像
ダンジェロ教授と国際英語学部の学生

 

 

 発表会ではゼミの担当教員からの推薦を受けた学生有志3名がそれぞれ、「What is Gender? Dualism and Discrimination against Sexual minorities」、「経済発展と環境保全の両立」、「2016年アメリカ大統領選挙に見られる反知性主義」についてプレゼンテーションを行いました。各プレゼンテーション後には質疑応答の時間も設けられ、学生同士の意見交換が行われるなどとても有意義な時間となりました。

 その後、学内にある食堂で懇親会を行いました。教員と学生が懐かしい思い出話などを語り合い、国際英語学科の最終年度と学部の新たな発展を祝いました。

(国際英語学部4年 金沢京佳、青木香澄)

GroupYamateHall.jpg
  • 記事を共有