フライ級勝利の田中選手を梅村総長・理事長らが激励

HPIMG_1276.jpg
笑顔で話す田中選手

 経済学部在学のプロボクシング田中恒成選手(4年)は4月4日、名古屋キャンパスを訪れ、梅村清英総長・理事長、安村仁志学長に名古屋国際会議場で3月31日に行われた試合の応援などについてお礼を述べた。

 「応援ありがとうございました。試合は、減量が1.9kg厳しかったライトフライ級に比べて、調整が楽になり、コンディションが良かったです。試合結果だけではなく、内容も充実させていきたいと思います。3階級制覇できるようにこれからも頑張ります」と話した。

 梅村総長・理事長は「活躍している学生の姿を見ると、とても頼もしく思います。これからもこの調子で頑張って下さい」と激励した。 

 ■フライ級初戦の記事はこちら

HPIMG_1292.jpg
(左から)安村学長、田中選手、梅村総長・理事長
  • 記事を共有