本学卒業生の室伏広治氏がスポーツ庁長官に就任

 アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏(2007年度体育学研究科博士課程修了)が、10月1日付でスポーツ庁長官に就任した。

 室伏氏は2000年シドニー五輪から2012年ロンドン五輪まで4大会連続で出場。2004年アテネ五輪ではハンマー投げで日本人の投てき選手として初めて金メダルに輝いた。2008年に本学体育学研究科博士課程を修了後、体育研究科研究院客員教授、スポーツ科学部准教授を経て、現在は東京医科歯科大学教授、日本オリンピック委員会(JOC)理事を務めている。

HP用KOJI MUROFUSHI pic(スポーツ庁長官・提供).jpg
室伏広治氏

2020/10/07

  • 記事を共有