瀧正男さんの野球殿堂入り表彰式 阪神甲子園球場

 日本野球の発展に貢献した人を顕彰する野球殿堂入りを今年(2018年)果たした元中京大学体育学部教授で長年にわたり中京商業学校、中京大学監督を務めた瀧正男さん(1921~2012年)への表彰が8月15日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、野球殿堂博物館(東京・文京区)に展示される瀧さんの肖像レリーフが披露された。

IMG_1634.jpg

 表彰式は、開催中の第100回全国。高校野球選手権大会の第11日第1試合終了後に、グラウンドの正面スタンド前で行われた。

IMG_1633.jpg

瀧克己さん(中央)

 瀧さんの長男でスポーツ科学部教授の瀧克己さん、次男の本学職員瀧健二さんとその家族らも出席し、故人に代わり、克己さんが野球殿堂博物館の斉藤惇理事長から表彰状、高野連の八田英二会長から花束を受けた。克己さんは「父は多くの皆様の援助を受け、長い間、野球に携わってきました。栄えある第100回記念大会の場で表彰を受け、多くの人に野球で幸せにしていただいたと、7年前に亡くなった父も大変感謝していると思います。平和な社会の中で高校野球大会がますます発展することを父に代わってお祈り申し上げます」とお礼を述べた。

2018/08/27

  • 記事を共有