中京大勢は惜しくも敗退 ITF女子テニスin中京大

 豊田キャンパステニスコートで10日から開かれている女子テニスのITF(国際テニス連盟)プロサーキット大会「富士薬品セイムスウィメンズカップin中京大学」に、主催者推薦で出場していた中京大関係選手は惜しくも14日までに敗退した。

 出場したのは、佐野結花(現代社会学部2年)、鈴木麻緒(スポーツ科学部2年)、佐々木りお(スポーツ科学部1年)、古屋美智留(フリー)の4選手。シングルスの佐野選手は予選1回戦を勝ち上がったが、2回戦で敗れ、ダブルスの古屋・佐野組、佐々木・鈴木組はともに本選1回戦で姿を消した。

  • 記事を共有