モーグルの堀島選手がW杯たざわ湖大会を連勝 五輪金メダリストを破る

horishima01.jpg

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会が3月3、4の両日、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で行われ、堀島行真選手(スポーツ科学部2年)が、3日のモーグル第8戦、4日のデュアルモーグルでともに優勝し、今季W杯3勝目を挙げた。

 モーグルでは2位のミカエル・キングズベリー選手(カナダ)に2秒近い差で下し、デュアルモーグルでも決勝でやはりキングズベリー選手を破った。堀島選手は、平昌五輪モーグル優勝のキングズベリー選手に2戦連続で勝ち、世界にその強さを見せつけた。

  • 記事を共有