このページを見やすく表示

印刷する

News&Topics

駐名古屋大韓民国総領事館の朴総領事、学園首脳に離任挨拶

 学校法人梅村学園がグローバルな教育支援を図るための連携・協力に関する協定を締結している駐名古屋大韓民国総領事館の朴煥善(パク・ファンソン)総領事が10月27日、離任挨拶のため学園首脳を訪問した。

 朴総領事は、「本日のこのご挨拶が総領事としては最後の公式な仕事になります。名古屋での領事館生活で最も思い出深い出来事は、梅村学園との協定を締結したことです」と述べた。

 これを受けて梅村清英総長・理事長は、「双方共に本当にいい関係を築くことが出来、感謝申し上げたい」と話し、学園を代表して総長・理事長より、朴総領事に感謝状と記念品が手渡された。続いて、安村仁志学長からも感謝の花束が朴総領事に手渡された。 朴総領事は10月31日に日本を離れ、大韓民国に帰国する予定。

【離任挨拶で来訪の駐名古屋大韓民国総領事館の朴煥善総領事(中央左)と、これを迎えた梅村総長・理事長(同右)ら学園首脳ら=名古屋キャンパス本部棟理事長室で】
【離任挨拶で来訪の駐名古屋大韓民国総領事館の朴煥善総領事(中央左)と、これを迎えた梅村総長・理事長(同右)ら学園首脳ら=名古屋キャンパス本部棟理事長室で】
  • LINEで送る

(2016/11/01)

戻る

このページを見た人はこんなページも見ています