このページを見やすく表示

印刷する

News&Topics

中京、南山、名城、愛知、愛知学院の5大学の学生が記者会見
産学連携で提案したサンドウィッチ「ランチパック」が10/1から販売開始

商品の特徴を説明する中京大生 坂田ゼミが提案したランチパック
商品の特徴を説明する中京大生 坂田ゼミが提案したランチパック

 中京、南山、名城、愛知、愛知学院の5大学の学生が、山崎製パンの産学連携による商品開発に協力し、9月27日、名古屋市内のホテルで、発売が決まった5点のサンドウィッチ「ランチパック」をPRする記者会見に臨んだ。

 テレビ局、新聞社など報道関係者を前に、緊張した面持ちの学生たちは、大学別に提案したランチパックの具材やパッケージへのこだわりを紹介した。

 本学からは総合政策学部の坂田ゼミ(担当:坂田隆文准教授)が「4種のベリー入りクリームと4種のフルーツ入りクリーム」を提案。ゼミ生18人がそれぞれ200個のアイデアを出し、中京大らしさ、山崎製パンの要望を鑑み、絞り込んでいった。

 代表として会見に臨んだ平岩莉央さん(3年)は、記者から企業とのやり取りから学んだことを聞かれ、「試作を繰り返していくスケジュール、スピード感に驚き、また、社会から見れば学生の取り組みは甘いと痛感しました」と回答。販売促進の方法については、「フェイスブックなどの交流サイトに自分たちでニュースを発信し、広めていきたい」と意欲的に語った。

 ランチパックの新商品開発は、山崎製パンの企画「中部地区有名大学キャンパスランチパック」として進められた。5大学が提案した新商品は下記の通り。

・(中京大学)4種のベリー入りクリームと4種のフルーツ入りクリーム
・(南山大学)カリーブルスト風
・(名城大学)塩キャラメルクリーム&プリン風味クリーム
・(愛知大学)中華風肉餡
・(愛知学院大学)チキンのトマトソース煮込み 赤ワイン入り

 販売期間は、中京、南山、名城大学の商品が10月1日~10月31日。愛知、愛知学院大学の商品が11月1日~11月31日。中部地方の量販店、コンビニエンスストア、駅売店など約6,000店舗で販売される。

※中京大学×山崎製パン「新商品開発プロジェクト」の詳細はこちら

商品開発に関わった坂田ゼミのメンバー

商品開発に関わった坂田ゼミのメンバー

10月1日放送「ゴゴスマ」CBCテレビ(中部日本放送)に生出演 

 「4種のベリー入りクリームと4種のフルーツ入りクリーム」を紹介する総合政策学部の平岩莉央さん(左から4番目)

CBC ゴゴスマ出演

 

(2013/09/29)

戻る

このページを見た人はこんなページも見ています