客員教授
小塩卓哉 (おしお たくや)
教授 柳沢昌紀(やなぎさわ まさき)

自己紹介/プロフィール

岐阜県出身。専門は国語科教育法と近・現代短歌の研究及び短歌の実作。愛知県立高等学校教諭を経て、愛知県総合教育センター研究指導主事・研究部長、愛知県立高等学校教頭・校長を歴任し、愛知県公立普通科校長会長を務める。2021年より文学部に着任。2022年度から年次進行で実施される学習指導要領の考え方に対応したアクティブ・ラーニングの在り方を研究している。大学の授業では、教員を志望する学生に、教職の魅力・やりがいを伝えると共に、教員採用試験に向けて様々な助言をしつつ、採用され教壇に立った時に、十分な力量を発揮できるような講義内容を心掛けている。短歌を中心とした創作活動の喜びも、授業の中で体験してもらっている。

学会・公職活動

日本文芸家協会会員、現代歌人協会会員、早稲田大学国語教育学会委員

主な著書

『名歌のメカニズム』(本阿弥書店、2012年)
『茶事礼讃 文学の中に香るお茶』(本阿弥書店、2005年)
『海越えてなお 移住者たちが短歌で綴った二十世紀』(本阿弥書店、2001年)
『新定型論 抒情を目覚めさせるもの』(短歌研究社、1994年)
『愛知県史 資料編35 近代12文化』(共著、愛知県、2012年)
「アクティブ・ラーニングの視点による国語科授業改善 ―主体的・協働的な学びを生み出すために」(「中京大学教育論叢」第10巻、2021年3月)
「アクティブ・ラーニングを取り入れた源氏物語の授業構想 ―薫物合わせ、贈答歌の体験を通した主体的な学び」(久保朝孝編『源氏物語を開く』武蔵野書院、2021年3月、所収)
「『読解力』育成の問題点 ―『読解力』に対するトータルな視点を」(「日本語学」vol.24、明治書院、2005年6月)