准教授
宮内 佐夜香(みやうち さやか)
准教授 宮内 佐夜香(みやうち さやか)

自己紹介/プロフィール

東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了。人間文化研究機構国立国語研究所プロジェクト特別研究員、昭和女子大学等非常勤講師を経て、2012年4月に本学に着任。専門領域は日本語の文法、特に接続助詞や接続詞の用い方を対象とし、近世~現代の実態を調査・研究している。国立国語研究所で大規模な日本語電子化テキストデータベースの構築に関わった経験から、「文系にもできる、効果的・効率的なパソコンの研究利用」に関心があり、授業にもパソコンを利用した課題を取り入れている。

学会・公職活動

日本語学会(広報委員)、日本語文法学会、近代語学会、日本近代語研究会(運営委員)、国立国語研究所共同研究員

主な著書・論文

『講座 ITと日本語研究1コンピュータ利用の基礎知識』(共著、明治書院、2011)
「近世後期における逆接の接続助詞について―上方語・江戸語の対照―」(『中京大学文学会論叢』1、2015)
「「ガ」・「ケレド」類を構成要素とする接続詞の発達について―近世後期江戸語・明治期東京語における推移―」(小林賢次・小林千草編『日本語史の新視点と現代日本語』、2014)
「接続詞「なので」の書き言葉における使用について―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を資料として―」
(『中京国文学』32、2013)
「接続助詞とジャンル別文体的特徴の関連について―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を資料として―」(『国立国語研究所論集』3、2012)
「江戸語・明治期東京語における接続助詞ケレド類の特徴と変化―ガと対比して―」(『日本語の研究』3-4、2007)

ゼミ紹介

Seminar
宮内 佐夜香ゼミ
宮内ゼミでは、日本語の「書き言葉」を対象とした研究を取り上げています。書き言葉には、新聞・雑誌・書籍・公文書・インターネット上の言語等さまざまな媒体・ジャンルがあり、さらに、例えば同じ書籍の中にも小説やエッセイ、実用書など、さまざまな内容が含まれます。また、同じ「書かれた言葉」でも、会話のようなくだけた言葉なのか、文章にしか使われないようなかたい言葉なのか、といった点でも全く性質が異なります。このような多様な書き言葉を日本語研究のために扱う際には、それぞれの書き言葉の文体にどのような特徴があるのか、ある言葉を調査・研究するにはどの媒体・ジャンルを対象とするのが適当なのか等を考える必要があります。多様な言葉の問題にゼミ生全員で取り組み、身近な言葉について客観的に捉え、理論的な分析ができる力を身につけてほしいと思っています。理論的に考える力は一般の生活においても大切です。言葉の調査には、近年ではコンピュータが大いに利用されています。電子化された言語データの適切な扱い方、研究のために集めたサンプルの適切な整理方法等、パソコンを活用した研究方法を身につけるのも、このゼミのテーマの1つです。


卒業研究タイトル
●和製英語の時代別特徴について――造語法に着目して――
●ライトノベルにおける女性の役割語と属性表現について
●新聞広告のキャッチコピーにみられる句読点の効果について
●オノマトペのひらがな・カタカナ表記の違いについて――ブログ検索からの考察――