専任講師
西嶋 賴親(にしじま よりちか)
専任講師 西嶋 賴親(にしじま よりちか)

自己紹介/プロフィール

■職歴:
株式会社電通(コピーライター、メディア担当、ロボットプランナー、他)

■学位:
Master of System Engineering(慶應義塾大学大学院)

■実績:
ロボット宇宙飛行士「KIROBO」プロジェクトマネージャー
長野オリンピック・テレビスポットセールス
広告(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、WEB)、映画、週刊誌、PR等の制作および支援

■科目:
「メディア・リテラシー」「広告制作」「メディア史」「専門基礎演習」等

学会・公職活動

■経産省:
ワールドロボットサミット 実行委員/開催委員/競技委員

■総務省:
人工知能・ロボットアドホックメンバー
ICTイノベーションフォーラム基調講演、他

■外務省:
伊勢志摩サミット 宇宙・ロボット分野説明員

■文科省:
教科書作成協力(NEW HORIZON、中学技術、中学理科、中学科学、他)

■観光庁:
VISIT JAPAN キャンペーン支援(海外イベント/講演)

■産総研:
介護ロボット導入状況調査協力(@デンマーク)
介護コミュニケーションロボット実証試験実施

■東京都:
東京オリンピック招致プレゼンテーション支援(@アルゼンチン)

主な著書・論文

■論文:
「国際宇宙ステーションにおける対話エージェントによる作業支援システムの提案と有効性の評価」

■著書:
「ロボティクスビジネス入門講座」(ウェブ電通報・10回連載)

ゼミ紹介

Seminar
西嶋 賴親ゼミ
このゼミで研究するのは「世の中へのラブレター」の書き方です。広告事例を中心に、映画・ニュース・雑誌、そして一般企業におけるプレスリリースや企画書に至るまで、共感されるための表現方法を学びます。アイデア発想技法からマーケティング戦略まで、具体的な事例を用いながら実践的にすすめていきます。クリエイティブ職やメディア志望者はもちろんですが、どんな業界に進もうとも「共感される言語表現」が無駄になることはありません。調査・分析を厭わず、自ら積極的に学んでいく強い意志を持つ、すべての方を対象としています。
日本では「ルール・システム的に正しいこと」に固執し、「世の中に笑顔を増やすために正しいこと」を疎かにするケースが見受けられました。(1)それは、あなたの大切な人も笑顔にする表現か?(2)Backcasting(3)verificationとvalidation、この3つの視点を大切にしながら、一緒に研究していきましょう。

2018年度3年生