准教授
中川 豊(なかがわ ゆたか)
准教授 中川 豊(なかがわ ゆたか)

自己紹介/プロフィール

広島県生まれ三重県育ち。専門は図書館学、近世蔵書史。近年の研究テーマは近世後期の地理学者稲垣定穀(いながきさだみ)の著作、交流、蔵書形成などについて調査を進めている。また、三重大学附属図書館所蔵の古典籍の調査、目録作成に携わっている。

学会・公職活動

日本図書館協会、図書館文化史研究会、図書館問題研究会、国文学研究資料館国文学文献資料調査員

主な著書・論文・その他

「稲垣定穀書写年表』(中京大学文学会『中京大学文学会論叢』第3号 2017年)
「ポスターバトル! ―学生が選んだオススメの一冊―」(中部図書館情報学会『中部図書館情報学会誌』Vol57 2017年)
「谷川清逸と稲垣定穀の交流」『まなびの栞』第2号(谷川士清の会 2013年)
「ジガミホン醤油橋本家の蔵書」(中京大学国文学会『中京国文学』26号 2007年)
『美濃加治田 平井家文藝資料分類目録』(共編 富加町教育委員会 2005年)
『私撰集作者索引 続編』(共編 和泉書院 2004年)
『有造館文庫目録』(津市津図書館 2003年)

司書課程

司書とは、図書館情報学の知識と技術を身につけ、図書館固有のサービスに従事する図書館の専門職員のことです。そして、専門職員となるための資格を得ることのできる課程が司書課程です。司書課程では「図書館概論」「図書館制度・経営論」など、必修11科目と選択必修2科目を取得しなければなりません。さて、これらの科目の中で、学生が主体となって取り組んでいる活動をご紹介します。