社会つながりプロジェクト

2014-10-30
沖縄のお祭りで、ラジオ局のリスナー調査を体験
沖縄の読谷村の大きな祭り「よみたん祭り」で、地元コミュニティFMのリスナー聴取率調査を実施しました。

沖縄県読谷村の大きな祭りで、「FMよみたん」の聴取率アンケートを体験してきました。

10月23日(木)〜10月27日(月) 参加学生:6名(男子2名、女子4名)

読谷村は、日本一人口の多い村です。約4万人。そして村最大のイベント「よみたん祭り」とても規模の大きな祭りです。

聴取率アンケートは2010年にも8名が学生が実施しています。今回で2度目。6名で、前回を上回る600通のヒアリング型のアンケートを実施しました。

学生たちは、沖縄の地元の方々ばかりの祭りのなかで、言葉をはじめとするカルチャーの違うを肌で感じつつ、朝から暗くなるまでものすごく頑張りました。

メディアを介したことで観光とはひと味違う、より深い沖縄体験ができた企画でした。

※6名の学生たち

※ユーストリーム配信ようの本格的なスタジオ付きの中継車(日本初かもしれない)

※熱心にアンケートをする学生たち

※ガジュマルの樹の下で

※笑顔でアンケート

※社長さんとミィーティング

※到着後、すぐに会社でミィーティング

※朝のラジオにも出演

※大規模な村の文化祭という感じのお祭りでした。

※出店も多く、夜のなるとさらにすごい人・人・人

※チームワークのよかった学生たち。左がリーダー。


地域メディア・インターンプロジェクト

奄美・沖縄など遠方のコミュニティ放送局での職場体験

過去の記事