社会つながりプロジェクト

2013-09-11
北の大地で体験する世界的リゾート地のラジオ局
夏休みを利用して、北海道ニセコ町の公設ラジオ局で、3週間の職場研修をした。

 

期間:2013日8月20日(火)〜9月9(月)

行程:セントレア→新千歳空港→JR札幌→JR小樽→JRニセコ/ニセコ→車→新千歳空港

費用:10万(航空券込み)

内容:

・事務所の雑務(電話番、掃除、接客など)

・中継業務

・番組担当

・録音のミキサー

・企画案の作成

・イベントの運営

・祭りへの参加

得たこと:

・ラジオ放送の運営に関する知識

・コミュニティFMに関する更なる興味、関心、知識

 

感想:

 三週間の研修はとても濃密で様々なことを体験しました。社会の基本となりえる事務所での雑務から専門的なラジオ業務まで経験することができ、コミュニティ放送について今まで以上に身近に感じることが出来ました。

 ラジオニセコでの一番の思い出は地域の人との関わりです。ラジオニセコのインターン生としてニセコにいる間、町民の方は、道ですれ違うたびに「頑張れ!」と励ましの言葉をかけてくれました。また、わざわざラジオ局まで訪れ差し入れをくださる農家さんもいました。これはラジオニセコの局員の方々に対しても同じであり、ニセコの町民の方々にとってラジオが生活の一部であることを実感する体験でした。

 このように地域のラジオ局に参加することで、コミュニティFMについての知識が増えたこと、そしてその地域にとってラジオ局がどのような存在であるのかということを知るとてもいい経験になったと思います。

 

 


地域メディア・インターンプロジェクト

奄美・沖縄など遠方のコミュニティ放送局での職場体験

過去の記事