『中京国文学』

第31号(2012年)~第33号(2014年)

第31号(2012) 登尾豊教授・飯室勝彦教授 御退職記念

・川端文学の錯誤 登尾豊
・チシアンと高村光太郎 大島龍彦
・永井荷風の検閲意識 ―発禁関連言説の点検と『つゆのあとさき』本文の分析から― 牧義之
・近江浅井氏「三条公綱落胤説」の起源 磯部佳宗
・三条西家本『源氏物語』の実隆による校訂 ―本庄と本無注をめぐって― 中城さと子
・枕草子』の人物造型における試論 ―「キャラクター」との関連性を視野に― 仲道尚孝
・尾津の崎なる一つ松 ―古代伊勢湾の港津文化と上代文学― 大脇由紀子
・万葉集における「関」の歌 ―「不破の関」を中心に― 木野村茂美
・明朝体と手書き文字の差 研山勇人
・大学初年度における国語表現教育について ―その方法と実践― 稲垣広和
・三重県鈴鹿市方言の2拍名詞アクセント ―10~60歳代の話者を対象として― 原優子
・名古屋市を中心とする言語地図 ―休み時間、模造紙、すのこ、カ変仮定形、サ変否定形― 玉懸元
・王鐸の書 ―「動」字についての一考察― 大池茂樹
実践報告
・魯迅「故郷」の授業 小引哲治
登尾豊先生・飯室勝彦先生略歴
平成二十三年度修士論文・卒業研究題目一覧

平成二十三年度 2011年度 彙報
○平成二十三年度行事
文学会春季大会(公開講演会・総会)
六月二十五日(土)公開講演会
物語のチカラ、言葉のチカラ――『ワンピース』から「広告」まで――
甲南女子大学文学部教授 馬場 伸彦氏
わたしはどこにいるのか――詩が問いかけるもの――
駒澤大学文学部教授 勝原 晴希氏

文学会秋季大会(研究発表会・公開講演会・総会)
十一月十九日(土)
研究発表
万葉歌人高橋虫麻呂の和歌表現―「桜の花」歌をめぐって―
中京大学大学院生 片桐 麻里
中京大学図書館蔵『源氏物語』成立考
中京大学大学院生 樋口 勲
冥界の身分意識―『冥報記』「陸仁茜」を中心に-
中京大学入学院生 山内 里紗
愛知県万言の現在―『日本言語地図』『万言ケヘ法全円地図』のその後―
中京大学大学院生 加古 裕也
初年度教育における国語表現について
中京大学非常勤講師 稲垣 広和
公開講演会
免疫と対話―劇場版『マクロスF』解読-
愛知教育大学准教授 西田谷 洋氏
日本上代文学におけるウタとストーリー
大阪府立大学教授 村田 右富実氏

文学会後援 学部学生による文学部研究会合同発表会
十一月五日(土)
文学部研究会(上代文学研究会・中古文学研究会・中世文学研究会・近世文学研究会・近代文学研究会・国語教育研究会・広告研究会・日本語研究会・お茶会)合同による研究発表。

第32号(2013)

・中上健次 短編小説「化粧」 ―彼の〈夢〉が意味するもの― 佐藤綾佳
・〈説明的な文章〉の授業 小引哲治
・歴史小説としての『なまみこ物語』 ―創作方法についての一考察― 増田祐希
・三重県津市方言の2拍名詞アクセント 森田早紀
・三重県北中部若年層にみられる標準語形ジャナイ(カ)の使用 門脇史憲
・接続詞「なので」の書き言葉における使用について ―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を資料として― 宮内佐夜香
平成二十四年度修士論文・卒業研究題目一覧

平成二十四年度 2012年度 彙報
○平成二十四年度行事
文学会春季大会(公開講演会・総会)
六月二十三日(土)公開講演会
キリシタン版と古活字版――揺籃期の日本語印刷様式をめぐって――
奈良女子大学教授 鈴木 広光氏
『枕草子』『紫式部日記』を介して『栄華物語』を読む
都留文科大学名誉教授 加藤 静子氏

文学会秋季大会(研究発表会・公開講演会)
十一月十日(土)
研究発表
中上健次 短編小説「化粧」論――彼の<夢>が意味するもの――
中京大学大学院生 佐藤 綾佳
「ベルばら現象」を考える――原作からの広がり――
中京大学大学院生 貝沼 明華
公開講演会
比喩の楽しみ
愛知学院大学教授 多門 靖容 氏
太平洋戦争における対日プロパガンダの宣伝ビラ
早稲田大学教授 土屋 礼子 氏

文学会後援 学部学生による文学部研究会合同発表会
十一月十七日(土)
文学部研究会(上代文学研究会・中古文学研究会・中世文学研究会・近世文学研究会・近代文学研究会・広告研究会・日本語研究会)合同発表。
十一月二十一日(水)
演劇公演「おとぎ話の魔法」(演劇研究会)

第33号(2014) 原國人教授御退職記念

・原國人先生略歴
・『古事記』における伊勢神宮のあり方―伊勢地方を聖地とする表現意識― 大脇由紀子
・万葉集の「知多の浦」歌―平城京への海路・陸路と黒人歌をてがかりに― 佐藤隆
・旅の理由 原國人
・小西マリア母子とその怨霊をめぐって―対馬厳原今宮若宮の縁起説考― 徳竹由明
・中上健次『奇蹟』―タイチの救済― 佐藤綾佳
・「生きた古典文法」をめざして―和歌を活用する指導の試み― 佐々木俊臣
・「秀次事件」と妻妾の辞世の和歌 播磨良紀
・博奕と孔子と文学の関係について 福井佳夫
平成二十五年度修士論文・卒業研究題目一覧

平成二十五年度 2013年度 彙報
○平成二十五年度行事
文学会春季大会(公開講演会・総会)
六月二十二日(土)公開講演会
かぐや姫はどこから来たか
九州大学准教授 静永 健 氏
言語使用と規範意識――「全然」を中心に――
相模女子大学教授 梅林 博人 氏

文学会秋季大会(研究発表会・公開講演会・総会)
十一月九日(土)
研究発表会
『彼岸過迄』の敬太郎――案内人としての機能――
中京大学大学院生 枽畑 朱里
『古事記』における伊勢神宮の創始――伊勢を聖地とする表現意識――
愛知県立大学非常勤講師 大脇 由紀子
文学部歴史文化学科開設記念発表
秀次事件と妻妾の辞世の和歌
中京大学教授 播磨 良紀
公開講演会
″批判的コーパス言語学″の試み――単語の「イデオロギー的意味」の発見――
大阪大学教授 石井 雅彦 氏
国語教育と娯楽としての文化
東京学芸大学名誉教授 根本 正義 氏

文学会後援 学部学生による文学部研究会合同発表会
十一月十七日(日)
文学部研究会(上代文学研究会・中世文学研究会・近代文学研究会・日本語研究会・広告研究会・演劇研究会)合同による研究発表。

○人事
採用(日本文学科) 播磨良紀(日本史)