このページを見やすく表示

印刷する

News&Topics

アマゾン・ロボティクス・チャレンジ「Stow task」部門で世界3位

 7月26日~30日、名古屋市港区のポートメッセ名古屋・武田デバオーシャンアリーナで「ロボカップ2017名古屋世界大会」が行われた。中京大学は工学部・清水優ゼミがChukyoA・ChukyoBの2チームに分かれレスキューシュミレーションリーグに出場した。

 このリーグはコンピュータ内に作られた市街地で大規模災害が発生したことを想定し、4台のロボットを操作して市民などの要救助者を探し救助するシミュレータ内の競技。今回は世界各地から6チームが出場し、上位4チームが30日の決勝リーグへ進む。

 予選リーグでChukyoAが6チーム中5位、ChukyoBが4位となり、ChukyoBが決勝リーグ進出を決めた。決勝リーグは4チーム中4位の結果となった。

 清水優准教授は学生らの奮闘を見て「決勝まで勝ち進むことができた。世界でも十分に戦えるとわかった」と話した。

DSC_8539.JPG
決勝戦の様子

 また併催された知能ロボット競技大会、「第3回アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」に、工学部・橋本学教授率いる中京大学が、中部大学・三菱電機との合同チーム(チーム名:MC^2)で出場した。

 この大会は、世界各地から応募した約30チームの中から予選を勝ち抜いた16チームが集まり、それぞれが考案したユニークなロボット(ハードウェアとソフトウェア)で、保管棚から商品を取り出し、収納する競技を行う。
 今年は、マサチューセッツ工科大,プリンストン大、カーネギーメロン大,ボン大学などが出場した。日本からは、本学の他、東京大学、奈良先端科学技術大学院大学、鳥取大学が参加した。

 競技は「Stow task」(物を棚に補充する動作)と「Pick task」(物を棚から取り出して箱に入れる動作)の2種目が行われ、中京大学は「Stow task」種目で世界3位、日本勢ではトップとなった。なお、3位以内で入賞した日本のチームは当チームのみであった。

DSC_8346.JPG
人工知能ロボット
DSC_8634.JPG
集合写真

 そのほか展示ブースで加納政芳教授ゼミ学生らが人間共生ロボット(何もできない赤ちゃん型ロボット)を展示した。このロボットは高齢者を対象として作成されたものだが、ブースでは子どもたちが触ったり、ロボットを抱っこしている様子が多くみられた。

DSC_8465.JPG
展示ブースの様子


 またNTTドコモブースでは「鉄腕アトム」をモデルにしたコミュニケーションロボットや携帯電話の基本機能をもったロボット「ロボホン」が展示され、通訳ボランティアとして国際英語学部・森山真吾教授ゼミの学生3人が参加した。

DSC_8517.JPG
通訳の様子
  • LINEで送る

(2017/07/31)

戻る

このページを見た人はこんなページも見ています