中京大学体育研究所

スポーツスクールのご案内
テニス
ノルディックウォーキング
ジュニアスポーツスクール
キッズダンススクール

概要と活動

体育研究所は1985年(昭和60年)に、前身である社会体育研究所を発展させ、大学付置研究所として設立されました。その後、幅広い研究分野による総合的な視野を持ちつつ体育・スポーツ研究の発展を試みること、研究の成果を地域に還元することを主な理念として日々の活動を行っています。

体育研究所における研究活動は4つの研究班(体力科学、バイオメカニクス、メンタルマネジメント、スポーツ文化・社会科学)によって進められています。また、学術講演会や定例研究会を開催しており、これらの研究成果を『体育研究所紀要』(年1巻)としてまとめ、発行しています。

地域住民の方々を対象としたスポーツスクールとして、小学生を対象にしたジュニアスポーツスクール、テニススクール、ウォーキング教室などを開催しています。

研究内容

2017年度における各班の研究テーマは以下のとおりです。

体力科学研究班

  • 運動選手の競技別体力特性 (梅村義久)
  • 熱中症予防に関する総合的研究(6) (松本孝朗)
  • 脳の機能と構造に関する研究(5) (荒牧勇)
  • 運動エネルギー代謝および筋の適応に関する研究(2) (今有礼)

バイオメカニクス研究班

  • サッカーのスローイン距離を増大する動作要因および体力要因 (湯浅景元・桜井伸二・田内健二・髙橋繫浩)

メンタルマネジメント研究班

  • 運動中の身体感覚へのアプローチ(2) (山田憲政・小山哲)

スポーツ文化・社会科学研究班

  • スポーツサービスの評価に関する研究(15) (菊池秀夫)
  • 中央競技団体が取り組む女性スポーツ振興戦略に関する基礎的研究 (來田享子)
  • 明治時代の盆踊りに関する歴史的研究 (來田享子)
  • 日本体操祭に関するスポーツ史的研究ー国民体育デーと日本体操祭のマスゲームの展開とその影響(2) (川端昭夫)