学術講演会・シンポジウム

2016年度 第2回セミナー型学術講演会

代議制民主主義と政治参加

講 師 : 待鳥 聡史 氏 (京都大学大学院法学研究科教授)

日 時 : 2016年11月15日(火) 17:00~19:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス 3号館5階 研究所会議室

●講演会のテーマに直接関係する文献
待鳥聡史 『代議制民主主義:「民意」と「政治家」を問い直す』
中公新書、2015年

〇講演会のテーマに直接関係するわけではないが、講演会当日の直前に投開票されるアメリカ大統領選に関連して、講師が最近著された文献。
待鳥聡史 『アメリカ大統領制の現在:権限の弱さをどう乗り越えるか』
NHKブックス、2016年


※中京大学社会科学研究所研究員・特任研究員・特別研究員・客員研究員・名誉所長・名誉研究員以外の方につきましては、既に参加申込の期限を過ぎております。


2016年度 日台学術シンポジウム

東アジア国際社会のなかの日本と台湾

日 時 : 2016年10月3日(月) 13:00~17:30
会 場 : 本学名古屋キャンパス 5号館6階 563教室

東アジア国際社会のなかの日本と台湾


2016年度 第1回セミナー型学術講演会

ポストリークアンユーの文化制度とグローバル化:
シンガポールの検閲制度を題材にして

講 師 : 川崎 賢一 氏 (駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授)

日 時 : 2016年10月21日(金) 17:00~19:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス 3号館5階 研究所会議室

※中京大学社会科学研究所研究員・特任研究員・特別研究員・客員研究員・名誉所長・名誉研究員以外の方につきましては、既に参加申込の期限を過ぎております。


2015年度 学術講演会

イタリアのアーカイブズと文書保護局

講 師 : ディアーナ・マルタ・トッカフォンディ 氏
    (トスカーナ文書保護局 局長)

日 時 : 2015年12月11日(金) 15:00~17:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス アネックスホール(16号館6階)
定 員 : 100名(参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。)

イタリアのアーカイブズと文書保護局


2015年度 NEXT10 特別講演

イタリアの日本研究の状況について-芸術を中心に-

講 師 : ボナヴェントゥーラ ルペルティ 氏
    (ヴェネツィア大学 アジア・地中海アフリカ学科 教授)

日 時 : 2015年11月13日(金) 15:00~17:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス アネックスホール(16号館6階)
定 員 : 100名(参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。)

イタリアの日本研究の状況について-芸術を中心に-


2015年度 学術講演会

アフガニスタンに生命の水を:「反テロ戦争」と農業用水

講 師 : 福元 満治 氏 (ペシャワール会事務局長)

日 時 : 2015年10月22日(木) 16:40~18:10
会 場 : 本学名古屋キャンパス 図書館・学術棟(1号館)3階 133教室

アフガニスタンに生命の水を:「反テロ戦争」と農業用水


2014年度 学術講演会

イタリアの地方文書館の多様性と特色

講 師 : ドリット・ライネス 氏 (ヴェネツィア大学人文学科 准教授)

日 時 : 2014年12月9日(火) 16:40~18:30
会 場 : 本学名古屋キャンパス アネックスホール(16号館6階)
定 員 : 100名(参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。)

イタリアの地方文書館の多様性と特色


2014年度 中京大学社会科学研究所・NEXT10プロジェクト共催 学術講演会

大学改革と学問の今後

講 師 : 猪木 武徳 氏 (青山学院大学特任教授)

日 時 : 2014年11月10日(月) 15:30~17:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス アネックスホール(16号館6階)

大学改革と学問の今後


2014年度 中京大学社会科学研究所主催 学術講演会

アジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP)に基づく
情報共有センター(ISC)の設立

講 師 : 松本 孝典 氏 (海上保安大学校准教授)

日 時 : 2014年10月24日(金) 13:10~14:40
会 場 : 本学名古屋キャンパス 921教室(9号館2階)

アジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP)に基づく情報共有センター(ISC)の設立


2014年度 学術講演会

何が排外主義を生み出すのか

講 師 : 樋口 直人 氏 (徳島大学准教授)

日 時 : 2014年9月30日(火) 18:00~20:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス センタービル0603教室
後 援 : 東海社会学会

何が排外主義を生み出すのか


2013年度 特別シンポジウム(「日本の境界地域論」プロジェクト・公開研究会)

沖縄をボーダーから考える:普天間・尖閣・オスプレイ

司 会 : 古川 浩司 (中京大学教授)
DVD上映会 : 「揺れる国境:沖縄・尖閣のいま」
DVD解説 : 岩下 明裕 (北海道大学教授)
報 告 : 屋良 朝博 (フリーランスライター・元沖縄タイムス論説委員)
    「沖縄問題、なぜ解決しない」

日 時 : 2013年11月4日(月) 15:40~18:10
会 場 : 本学名古屋キャンパス 清明ホール
共 催 : 北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」
協 力 : 境界地域研究ネットワークJAPAN(JIBSN)
後 援 : 中日新聞社

ライブ・イン・ボーダースタディーズ

沖縄をボーダーから考える:普天間・尖閣・オスプレイ


2013年度 学術講演会

東南アジアをめぐる国際関係と日本の戦略

講 師 : 前田 匡史 氏 (国際協力銀行執行役員・元内閣官房参与)

日 時 : 2013年10月25日(金) 13:10~14:40
会 場 : 本学名古屋キャンパス 清明ホール

東南アジアをめぐる国際関係と日本の戦略


2013年度 学術講演会

日本の境界地域における多文化共生推進に向けて
-福岡・稚内における経験と課題-

司 会 : 古川 浩司 氏 (中京大学教授)
報 告 : 加峯 隆義 氏 (公益財団法人九州経済調査協会総務部次長)
    「福岡・釜山の交流事例から」
    藤田 幸洋 氏 (稚内建設協会会長・藤建設株式会社代表取締役)
    「稚内・サハリンの交流事例から」
討 論 : 岩下 明裕 氏 (北海道大学教授)

日 時 : 2013年6月6日(木) 16:40~18:10
会 場 : 本学名古屋キャンパス アネックスホール
共 催 : 北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」
協 力 : 境界地域研究ネットワークJAPAN(JIBSN)

日本の境界地域における多文化共生推進に向けて-福岡・稚内における経験と課題-


2012年度 日伊文化交流シンポジウム

アーカイブズの日伊比較 知と技術の継承と展開

セッション1 : 「知の記録」の継承と文書史資料のアーカイブズ

檜山 幸夫 氏 (中京大学教授)
大濱 徹也 氏 (筑波大学名誉教授)
井口 和起 氏 〈京都府立総合資料館顧問(前館長)〉
湯上 良 氏 〈ヴェネツィア大学〉
マリア・バルバラ・ベルティーニ 氏 〈国立トリノ文書館長〉
岩壁 義光 氏 〈元宮内庁書陵部編輯課長〉
マリオ・インフェリーゼ 氏 〈ヴェネツィア大学教授〉

<総括討論>
コメンテーター : 野口 健格 氏 〈神田外語大学講師〉
ディスカサント : 上代 庸平 氏 〈中京大学准教授〉
ディスカサント : 東山 京子 氏 〈中京大学社会科学研究所特任研究員〉
司 会 : 檜山 幸夫 氏 〈中京大学教授〉


セッション2 : 文化の継承と現代テクノロジーの展開

  -技術アーカイブズの伝統と現在-
大友 昌子 氏 〈中京大学教授〉
青木 直己 氏 〈株式会社虎屋 虎屋文庫担当部長〉
長江 昭充 氏 〈ヤマザキマザック株式会社副社長兼技術生産本部長〉
末松 良一 氏 〈名古屋大学名誉教授・
        愛知工業大学総合技術研究所客員教授〉
九代玉屋庄兵衛 氏 〈からくり人形師〉
アンジェリーナ・ヴォルペ 氏
 (南山大学准教授・元財団法人名古屋国際センター「民間大使」)
松原 武久 氏 〈中京大学客員教授・元名古屋市長〉

<総括討論>
コメンテーター : 中村 孝太郎 氏 〈名古屋市会議員〉
ディスカサント : 桑原 英明 氏 〈中京大学教授〉
ディスカサント : 渋谷 努 氏 〈中京大学教授〉
司 会 : 酒井 恵美子 氏 〈中京大学教授〉


全体討論 : 日本とイタリアにおける知と技術の継承と発展のための課題

日 時 : 2013年2月16日(土)・17日(日) 10:00~17:00
会 場 : 本学名古屋キャンパス アネックスホール
後 援 : イタリア大使館/名古屋市/イタリア文化会館/中日新聞社

アーカイブズの日伊比較 知と技術の継承と展開


2012年度 中京大学社会科学研究所日台共同研究シンポジウム

2012年、東アジアにおける日本と台湾
-台湾史研究の現段階と今後の課題-

問題提起 : 台湾史研究三十年の経験からの2012年認識
     檜山 幸夫 氏 (中京大学社会科学研究所長)

第一セッション : 日台関係の現段階とこれからの展望-日華国交断絶から40年-
  2012年の東アジア国際環境と台湾における日本研究-政治史の側面から-
     川島 真 氏 (東京大学大学院准教授)
  2012年の東アジア国際環境と台湾における日本研究-文化史の側面から-
     松金 公正 氏 (宇都宮大学大学院教授)
  司 会 : 所澤 潤 氏 (群馬大学大学院教授)

第二セッション : 日本統治下台湾の官僚と日本人
  台湾総督府の官僚と在台日本人社会
     駒込 武 氏 (京都大学大学院准教授)
  台湾の震災と台湾総督府官僚-被災調査報告の共有化と被災記録の伝承-
     東山 京子 氏 (中京大学社会科学研究所特任研究員)
  日本統治下台湾における医師社会の階層性と学歴主義
     鈴木 哲造 氏 (国立台湾師範大学博士後期課程)
  司 会 : 大友 昌子 氏 (中京大学現代社会学部教授)

第三セッション : 台湾の近代化と台湾人アイデンティティの形成
  日本統治下における台湾人社会的リーダー階層
     呉 文 星 氏 (国立台湾師範大学教授)
  清国人・日本人・中華民国人だった一人の台湾人の記録
     中田 敏夫 氏 (愛知教育大学教授)
  台湾に現れた3つの郷土教育-郷土概念の相違に注目して-
     林 初 梅 氏 (大阪大学大学院准教授)
  司 会 : 酒井 恵美子 氏 (中京大学国際教養学部教授)

第四セッション : 日本と台湾における戦没者慰霊の国際比較
  台湾の忠烈祠と日本の護国神社にみる戦没者慰霊の国際比較
     蔡 錦 堂 氏 (国立台湾師範大学准教授)
  戦没者追悼と慰霊の空間-都市の招魂祭をめぐる諸問題-
     本康 宏史 氏 (石川県立歴史博物館学芸課長)
  司 会 : 檜山 幸夫 氏 (中京大学法学部教授)

総括討論

日 時 : 2012年7月1日(日) 9:00~17:00
会 場 : 本学センタービル・ヤマテホール
主 催 : 中京大学社会科学研究所/中京大学社会科学研究所台湾史研究センター

2012年、東アジアにおける日本と台湾-台湾史研究の現段階と今後の課題-


2011年度第1回 フォーラム

3.11 日本のこれから -「神話」の崩壊をこえて-

ゲスト : 飯尾 歩 氏 (中日新聞論説委員)

発題者 : 桑原 英明 氏 (中京大学総合政策学部 教授)
       土井 崇弘 氏 (中京大学法学部 准教授)
       ペトリシェヴァ・ニーナ 氏 (中京大学国際教養学部 講師)
司 会 : 金 敬黙 (中京大学国際教養学部 准教授)

日 時 : 2011年11月16日(水) 15:00~18:00
会 場 : 本学センタービル2階 ヤマテホール


2011年度 ワークショップ

大学とNGO・NPOの創発的な連携を目指して
-国際・地域社会における実践的な試みの事例から-

プレゼンター : 中野 正隆 氏 (本学経済学研究科総合政策専攻・修士課程)
       太田 正利 氏 (NPO法人アスクネット・教育コーディネータ)
       下田 寛典 氏 (日本国際ボランティアセンター)
       福武 慎太郎 氏 (上智大学グローバル・コンサーン研究所 准教授)

討論者 : 羅 一慶 氏 (本学総合政策学部 教授)
     渋谷 努 氏 (本学国際教養学部 教授)
司 会 : 金 敬黙 (本学国際教養学部 准教授)

日 時 : 2011年7月19日(火) 17:00~21:00
会 場 : 本学センタービル7階 0701教室


2010年度 シンポジウム

日台関係の新段階への可能性 -今、沖縄が熱い-

基調講演 : 東アジア情勢と沖縄の将来 -沖縄は台湾に何を期待するか
         前泊 博盛 氏 (琉球新報論説委員長)

シンポジウム : 日台関係の拡大を目指して -沖縄・八重山の挑戦
           上里 至 氏 (沖縄県八重山事務所長)
           川満 栄長 氏 (竹富町長)
           前泊 博盛 氏 (琉球新報論説委員長)

日 時 : 2010年12月7日(火) 15:00~18:00
会 場 : 本学9号館2階921教室


2009年度 学術講演会

靖国神社と日本の近代 ― 〈資料研究〉の視座から ―

講 師 : 春山 明哲 氏 (元国立国会図書館専門調査員・
                早稲田大学台湾研究所客員研究員・日本台湾学会理事長)

日 時 : 2009年10月24日(水) 14:30~16:00
会 場 : 本学センタービル2階 ヤマテホール


2008年度 学術講演会

後藤新平 日本の近代化をデザインした仕事師

講 師 : 星 亮一 氏 (作家)

日 時 : 2008年6月18日(水) 15:00~
会 場 : 本学センタービル2階 ヤマテホール


2008年度 特別シンポジウム

クラスター爆弾問題を考える 
~ブラニスラブ・カペタノビッチ氏を迎えて~

パネリスト : ブラニスラブ・カペタノビッチ 氏 (「クラスター兵器連合」スポークスパーソン)
        目加田 説子 氏 (中央大学 総合政策学部教授)
        清水 俊弘 氏 (「日本国際ボランティアセンター」事務局長)
司 会 : 金 敬黙 氏 (中京大学 国際教養学部准教授)

日 時 : 2008年4月16日(水) 13:10~14:40
会 場 : 本学センタービル7階 0703教室