交換留学・体験者の声・モデルスケジュール

留学体験者の声

語学以上に得られるものの大きさ。
交換留学
荻本 祥子さん
国際英語学部
国際英語学科卒
荻本 祥子さん

  • 留学先:Edgewood College
    (アメリカ)
  • 就職先:三菱重工業株式会社
  • TOEIC(R):965点

アメリカのウィスコンシン州にあるエッジウッド大学で、約1年間の留学生活を送りました。でも毎日が本当に充実していて、まるで2泊3日の旅行をしてきたぐらい、あっという間に過ぎてしまった感じがします。
これまで一人暮らしの経験もなく、親元を離れたのはこの留学が初めてでしたが、淋しさを感じたのは最初の1週間ぐらい。とにかく留学期間を有効に使いたくて、英語でどんどん話しかけて気の合うクラスメートを見つけたり、担当教科の先生方に積極的に働きかけたり。そのうち本当に親しい友人も得られましたし、先生方にもサポートいただいて、ボランティアで英語を教えてくれる方とも出会うことができました。
おかげで語学力もぐんとアップ。大好きなミュージカルを英語で楽しめる、そんなレベルの語学力を培うことが留学目的の一つでしたが、以前は2割もわからなかった内容が、帰国する頃には8割ほどは理解できていたでしょうか。
また語学力を獲得できたのと同時に、自分の意見を伝えることの大切さを知り、さらに異文化に触れながら視野や考え方を広げることができたように思います。
就職活動中は、語学力を活かすことのできることを条件にいくつかの企業にエントリーしました。留学で培った語学力や行動力、そしてコミュニケーション能力をアピールし、最終的に希望する企業の内定を得ることができました。将来は学部で修得した語学力を活かして、グローバルな仕事をしていきたいです。

積極的に行動することの大切さ。
交換留学
加藤 大輔さん
国際英語学部
国際英語学科卒
加藤 大輔さん

  • 留学先:Whitworth University
    (アメリカ)
  • 就職先:アイセロ化学株式会社
  • TOEIC(R):800点

アメリカで過ごした約1年間の留学生活はあっという間に過ぎてしまいました。英語しか使えないという環境は今までにも経験した事がありましたが異国で一人で生活していくというのは初めてでした。現地ではルームメイトと二人で寮生活をすることになり、迷惑をかけてばかりでしたがお互いに助けあうことができ、留学前に立てた目標の一つである自立した生活を送るということも達成できたと思います。積極的にチャレンジする姿勢が留学生活の中で一番大切だったと思います。
私は留学中、現地の大学で日本文化を教える授業を任せていただきました。受講する学生は日本に行った事があり文化になじみのある学生から、ほとんど知らない学生などさまざまでした。授業中に出される質問に頭を悩まされました。特に、私は政治や歴史の知識が不十分だったため、授業の前後では必ず予習復習が欠かせませんでした。それができたのも自分の意思でチャレンジした留学を途中で投げ出したくないという強い気持ちがあったからです。
留学生活を通じて得た物は語学力や異文化理解だけではなく、積極的に行動したり、一つの事をやり遂げるという執着心を培う事ができたと思っています。就職活動でもグローバルに活躍する企業から内定をいただき、将来はこの留学経験を活かして、日本の良さを海外にアピールしていきたいと考えています。みなさんも、留学へ行く前には日本という国をよく知りそれを上手に発信出来るようにしておくと良いと思います。学生のうちに、いろいろな事にチャレンジしてください。

人生の転機となった交換留学
交換留学
高田 美紗貴さん
国際英語学部
英米文化学科卒
高田 美紗貴さん

  • 留学先:niversity of North Texas
    (アメリカ)
  • 就職先:東海東京証券株式会社
  • TOEIC(R):925点

私はアメリカテキサス州ノーステキサス大学で約1年間の留学生活を送りました。あちらでの生活は毎日様々な出来事や発見で満ちており、また瞬間で過ぎてしまった1年間でもありました。始めの頃は慣れない環境の中で戸惑ったりする部分もありましたが、現地の生活にはすぐに慣れる事ができました。
留学先では学部にこだわらず様々な授業を履修することができたので、自分が興味のある授業を積極的に履修しました。毎回何か新しい事を学び、また日本とは違った物の見方に触れるなどとても新鮮で刺激的なものでした。
学習面以外にも友人達と旅行に行ったりNBAの試合を観戦したりとアメリカでしかできない数多くの経験をすることができました。またボランティアで現地の小学生達に日本文化について紹介するという体験もし、皆とても喜んでくれたことを覚えています。
そして何より友人に恵まれ、アメリカ人はもちろん世界中の国々からの人々と出会い、一生大切にしたいと思えるような友情を築くことができました。大変な事もありましたし、トラブル続きの毎日でしたが全て乗り越え、楽しかった思い出は書いても書ききれません。出国前あんなに不安に感じていたのがうそのように毎日がとても貴重で充実しており、ホームシックになる暇なんてありませんでした。
この留学経験は私の人生の中で大きな転機となり、自分の自信にも繋がったように思います。就職活動は帰国後本格的に始め、留学中の経験を十分にアピールできました。今後もできるだけ色々な所に行ったり挑戦したりと刺激的な経験をしていきたいと思います。

モデルスケジュール

交換留学(2年生で留学)のモデルスケジュール
1年生
4月 入学
6月~9月 交換留学説明会(4月~6月)
10月 TOEFL(R) iBT61点突破
交換留学応募
11月~12月 学内選考
↓↓
学内選考合格
1月~2月 留学先大学へ書類送付
↓↓
3月 留学先大学より入学許可
2年生
4月~7月 事前研修
 ・危機管理
 ・その他
 (国際センター)
↓↓
8月 留学出発
9月~4月 留学期間
3年生
5月 帰国
6月~3月 留学で鍛えた英語力・人間力で有利な就職活動
4年生
4月~5月 第一志望の企業に内定