工学部4年相川さんが「みんなのラズパイコンテスト2016」で優良賞

日経Linuxと日経ソフトウエアが実施したPCボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)を使った電子工作やアプリケーションのコンテスト「みんなのラズパイコンテスト2016」で、工学部機械システム工学科4年の相川裕哉さん(上野研究室)が優良賞に選ばれた。
ラズパイコンテストとは、Raspberry
Piを活用した作品やアイデアを募集したもので、今回のコンテストは第3回、2016年6月6日〜9月12日の間に募集が行われ、150件を超える応募があった。 外部の専門家および日経Linux、日経ソフトウエア編集部による審査の結果、50件の受賞作品・アイデアが選出されている。

みんなのラズパイコンテストのサイト
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/itpro-s/seminar/LIN/rpic16/
ラズベリーパイを使用したラジコン
ラズベリーパイを使用したラジコン
ページトップ
相川さんのコメント
「今回のコンテストがあったからこそ、Oculus Riftでの開発ができることになりました。Unityで開発ができると知り、サイトを見たところVirtual Realityのチュートリアルの日本語訳が無く、開発ができるか不安になりました。翻訳する事から始まり、カメラの映像を投影することができて、本当に良かったです。今後バーチャルリアリティの分野が発展していくことを願っています。」

なお、本研究はMVRラボのAiロボットプロジェクト助成を受けている。
相川裕哉さん
相川裕哉さん
ページトップ