学部特徴

学部特徴

工学部は、ものづくりに関する先端研究施設が集中立地する名古屋八事地区と、多様なものづくり企業が拠点を置く豊田の両都市に4つの学科を分散配置。最先端の施設整備により各学科の研究機能を強化しつつ、それぞれの立地条件を活かして多様な学術研究交流、産学連携研究を展開していきます。

イメージ

Point1|基礎教育の充実

イメージ 確かな基礎力から豊かな工学の専門分野へと学びを深める 革新的技術に対応できる柔軟な「応用力」を身につけるため、 「広範な工学の基礎の修得」を重視。各学科で必要とされる基礎物 理学と数学、さらにプログラミングなどの徹底理解からスタートし、 幅広い工学の基礎を横断的に学ぶカリキュラムを配置。また、各学 年で進級必要単位を設定し、確実に基礎を積み上げていきます。

Point2|体験型教育

イメージ 工学への興味を引き出す実験、演習の充実 教員とFACE TO FACEで行う「実験」と「演習」を中心とした体験型学習を取り入れ、発見や成功の喜びを通じて工学への興味と学習意欲を引き出します。さらに、研究室でのプロジェクト研究を通して高度な専門性と実践力を獲得していきます。

イメージ
プロジェクト研究
実社会における実際の課題の解決を研究目標に、実社会と関わりをもちながらチームで活動することで、社会人に求められる基礎力の向上を図る。
産学連携研究
多様なものづくり企業との連携研究、共同開発への参加の機会を提供する。
学術連携研究
各種学術研究機関との共同研究への参画や、学会での学生発表の機会を提供する。
課外活動支援(ものづくりサークル)
ロボカップ等の校外イベントなど、学生の専門と自主性にもとづく課外活動を支援する。

Point3|キャリアサポート

イメージ 100%就職を目指した4年間にわたるキャリア支援を展開 新学部では、「就職活動」をエンジニアとしての社会性を磨く絶好の機会ととらえ、4年間にわたるキャリア開発を展開。4年間で就職することを前提に、入学直後から段階に応じた「キャリア系科目」を配置し、将来像を見通したキャリアプランづくりを支援するとともに、その実現に向けた活動を支援していきます。

キャリアデザイン
入学直後からキャリア(就職)に対する意識づけと、大学4年間の目標管理の方法を指導。つねに社会との接点を意識しながら学ぶ姿勢をつくりあげる。
キャリアマネジメント1・2
3年次に優良企業への100%就職を支援する「キャリアマネジメント」を選抜制にて開講。技術系企業が実施するインターンシップ(就業体験)も活用しながら、専門のコンサルティングスタッフと講師が、学生が独自に行う就職活動の戦略プラン策定、実施を支援する。
リテラシー系科目
社会人基礎力とともに、エンジニアに求められる基礎的なスキルや教養、さらにはものづくりのグローバル化に対応しうる語学力教育を展開する。
資格取得支援
専門科目を受講することで、学科特有の資格取得にそのまま役立てることができる。また、公務員採用試験や国家資格において高い実績を誇る学内の「資格センター」と連携し、資格情報の提供や対策講座の開催など幅広く支援する。