メディア工学科

履修モデル

画像や音響、動画を駆使し、CGシミュレーションやVR(バーチャルリアリティ)、モバイルアプリケーション、人と人をつなぐコミュニティサイト、メディアアートの制作支援など、ITメディアによる情報表現をサポート、実現するエキスパートを目指します。

履修モデル
メディア技術・モデル

CG映像生成、音声合成、立体表示、モバイル端末など、ITメディアによる情報表現のためのインフラ構築、実践的なソリューションの提案ができ、個人や社会への次世代型のITサービスの提供を成し得る技術と知識を身につける。

メディアアート・モデル

  アート分野という人間の表現力を最大限に活かすトライアルの場に対して、年々多様化するITメディアをモチーフとして提供するとともに、その効果的な利用法を提案し、自らもアートの一部として機能し得る技術と知識を身につける。。