メディア工学科

履修モデル

データサイエンスや人工知能を踏まえて、映像・音響メディアの処理技術を学ぶ「メディア技術」、情報デザインや表現技術を学ぶ「メディアデザイン」の2つの履修モデルを設定しています。

履修モデル
メディア技術・モデル

CG映像生成、音声合成、立体表示、モバイル端末など、ITメディアによる情報表現のためのインフラ構築、実践的なソリューションの提案ができ、個人や社会への次世代型のITサービスの提供を成し得る技術と知識を身につける。

メディアデザイン・モデル

  メディア工学およびデザイン学の知識と技能を基盤に、人工知能、CG映像制作、音響デザインなど、情報表現のためのデザイン開発、先端的なソリューションの提案ができ、次世代型ITサービスの提供、社会に貢献できるメディアデザイン基礎力を身につける。