教員紹介

コンピュータ画像処理と可視化研究室

~医療や健康に役立つ画像処理技術~

メディア工学科 長谷川 純一

ゼミ内容

このゼミの中心テーマは「画像処理と可視化」。2次元および3次元画像処理、動画像処理などの基礎研究を行うとともに、それらを医療や健康・福祉分野へ応用する研究を行います。

指導スタッフ
教授 長谷川純一
主な活動内容
  • ゼミ輪講:火3、4限
  • 定例ディスカッション:木13:30〜
  • 個別ディスカッション:随時
  • 検定試験への挑戦(画像処理エキスパート検定)
  • 学会・研究会等での発表
  • ゼミ合宿(3・4年:年2回、2年:年1回)
共同研究先

国際医療福祉大学、藤田保健衛生大学、愛知県がんセンター、国立長寿医療研究センター、名古屋大学大学院、中京大学スポーツ科学部

<過去の実績>
【医用画像関連】
国立がんセンター東病院、ほか
【スポーツ関連】
名古屋グランパスエイト、日立製作所、ほか
【VRシステム】
三菱プレシジョン、キャドセンター
【安全運転支援】
デンソー
ゼミの歴史
  • 1992年- 情報科学部 長谷川ゼミ発足
  • 1999年- 情報科学部 長谷川・瀧合同ゼミ
  • 2004年- 生命システム工学部へ異動
  • 2008年- 情報理工学部へ異動
  • 2013年- 工学部メディア工学科へ異動
<ゼミ卒業生>※合同ゼミ時代も含む
  • 大学院博士課程5名(うち学位取得者3名)
  • 大学院修士課程27名
  • 学部生:約260名
<主な就職先>
NTT、キヤノン、スクウェア、デンソー、デンソークリエイト、アイシン・エイ・ダブリュ、コニカ・ミノルタ、沖ソフトウェア、中電シーティーアイ、富士通SSL、NECソフトウェア中部、ニデック、興和創薬、愛知県警、名古屋大学、早稲田大学、中京大学、など(※社名は就職時のもの)
研究事例紹介
3次元医用画像の比較読影支援システム
 肝臓の比較読影の支援を目的とした医用画像処理システムです。
異なる時期に撮影された同一患者の画像(腹部CT像)は、臓器や病変部の位置がずれているのが普通です(図の左側)。そこで、本システムでは、位置ずれを補正するために肝臓血管で位置合わせを行い、その結果を重ね合わせて表示します(図の右側)。この結果を利用すれば、病変部の時間的変化を自由かつ正確に観察できます。
胃内視鏡画像からのがん病変部自動検出
 胃内視鏡画像からのがん病変部自動検出を目的とした研究です。
画像上のがん病変は、やや赤みがかって、ただれたように見えますが、その違いはわずかであり、正確に安定して検出することは非常に難しい問題です。多くの症例からその特徴の違いを学習して、精度の高い検出方法を作ることが求められます。
高齢者を対象にした運動計測システム
 高齢者の運動計測を目的とした画像処理システムです。
このシステムでは、被験者の各関節にマーカーを装着し、その運動をカメラで撮影します。その映像からマーカーを追跡することにより、各関節の速度変化や角度変化などを求めることができ、動きの滑らかさや個人差を評価できます。多くのリハビリ施設や運動教室などで利用することを想定しているため、可搬性、操作性、経済性などが課題です。
竹炭電子顕微鏡写真の自動解析
東北の原発事故以来、放射性物質による健康被害が社会問題になっています。最近、「竹炭」がセシウムなどの放射性物質の吸着に有効であることが分かってきました。そこで、その吸着性能を科学的に検証するため、工学部の野浪研究室と共同で竹炭の電子顕微鏡写真(図参照)の定量解析の研究を開始しました。画像処理技術で竹炭の表面積を自動計測し、そこから吸着量を推定することが目的です。
担当科目

映像メディア1、代数学1、映像処理2、特別講義Cパターン、情報処理(名大)

研究室

16号館6階

略歴
■学歴
  • 1974年 3月 名古屋大学工学部電気学科卒業
  • 1976年 3月 名古屋大学大学院工学研究科修士課程(情報工学専攻)了
  • 1979年 3月 名古屋大学大学院工学研究科博士課程(情報工学専攻)了
  • 1979年12月 工学博士(名古屋大学)
■職歴
  • 1979年 4月 名古屋大学工学部助手
  • 1982年 4月 カナダ・サスカチェワン大学に留学(2年間)
  • 1986年 4月 名古屋大学工学部講師、名古屋大学大学院工学研究科講師
  • 1987年 4月 中京大学教養部助教授、翌年同教授
  • 1992年 4月 中京大学情報科学部教授
  • 1994年 4月 中京大学大学院情報科学研究科教授(兼任)
  • 2004年 4月 中京大学生命システム工学部教授・学部長
  • 2008年 4月 中京大学情報理工学部教授
  • 2010年 4月 中京大学人工知能高等研究所所長(兼任)
  • 2013年 4月 中京大学工学部教授,現在に至る.