教員紹介

人型サッカーロボット研究室

ロボット・人工知能・コンピュータビジョン

機械システム工学科 沼田 宗敏

自己紹介

 富山生まれの富山育ちです.会社では一貫して画像認識ロボットとコンピュータグラフィックスの研究開発に取り組んできました.2004年に中京大学人工知能高等研究所の一員となり,2008年に東海北陸自動車道の全線開通で名古屋と富山が約3時間で結ばれるようになったのを機に,中京大学で研究・教育生活を送ることになりました.

ゼミ紹介

 ロボット,人工知能,3Dビジョンという 3つの要素技術の動的融合が求められるロボカップサッカーの研究が,世界各国で進められています.2050年にサッカーの世界チャンピオンチームに勝つという「夢」プロジェクトです.「夢」のあるところには希望があり,困難があってもくじけません.自ら学び,研究への意欲を駆り立てる原動力が「夢」です.当研究室では,2017年のロボカップ世界大会へのエントリーを目標に, 3つの要素技術の研究・実験とロボットの試作を行います.

研究の目的

 人型サッカーロボットの試作および,その要素技術であるロボット,人工知能,3Dビジョンの研究

著書

最新コンピュータグラフィックスがわかる(技術評論社,2000)

特許

40件(内27件登録)

研究テーマ例
  • ○人型サッカーロボット
  • ○表面粗さ用ローパスフィルタ
  • ○マハラノビス距離を用いた機械学習
  • ○高速 M推定を用いたロバストなデータ処理
  • ○セグメント対応 3次元ロボットビジョン
メッセージ

 できたばかりの研究室ですが,2足歩行ロボットによるロボカップサッカー世界大会エントリーという「夢」があります.この夢に向かって,ともに学び,ともに研究し,ともにロボットを作っていきましょう !

URL

http://robotfactory.sist.chukyo-u.ac.jp/numadalab/

担当科目

機械静力学基礎・演習,機械動力学基礎・演習

略歴
【学歴】
1984年 富山大学 理学部 卒業
2006年 富山県立大学 大学院博士後期課程修了 博士(工学)
【職歴】
1984年 コマツ NTCグループに勤務.コマツNTC技術本部課長などを歴任.
2004年 中京大学 人工知能高等研究所 研究員兼任
2006年 富山県立大学 工学部 非常勤講師兼任(~2007年)
2008年 中京大学 情報理工学部 非常勤講師兼任
2009年 中京大学 情報理工学部機械情報工学科 教授