教員紹介

知的センシング研究室

知能ロボットの眼をめざして

機械システム工学科 橋本 学

自己紹介

 大阪生まれ,実家は兵庫県の郊外,現在は名古屋で生活しています.家族は愛妻と二人の娘.趣味は旅行,ドライブと粉料理(餃子作り)です.
 企業の先端的な研究部門で21年間過ごした異色の経歴の持ち主ですが,学生時代から一貫してロボットのインテリジェンス(知能)と,センシング(眼)の研究に取り組んできました.
 企業時代の経験を生かし,産業界で大活躍できる人材の育成に力を注いでいます.
 知能ロボットの研究は,楽しくて,おもしろくて,本当にとてもとても刺激的なので,毎日,学生たちとともに時間を忘れて研究を楽しんでいます!
座右の銘: 『なんとかなるなる〜!』
研究室のキーワード: 『知能ロボット』+『社会への扉』+『企業との連携』+『国際的な活躍』+『毎日が挑戦』 = 橋本研究室

ゼミ紹介
■概要
 ロボットと人間が共生する社会がすぐそこまで来ています.
 橋本研究室では,そのキーテクノロジーである「知的センシング」を中心として,先端技術はもちろん,研究開発のやり方を基礎から学び,多くの体験を積み重ねることで,社会から本当に求められる高度なエンジニアとしての「技術力」と「経験値」を習得します. 
魅力的な,「実際に世の中の役に立つテーマ」を通じて,研究推進中です!
■橋本研の特色
・毎年,各地から,やる気とモティベーションの高い学生が集結中です!
・ロボット技術,メカトロ制御技術,知能化センシング技術の3つの根幹技術すべてを確実に,体験的に学べます.
・ほぼすべての学生が,共同研究やインターンシップで,企業や他の大学との共同プロジェクトに参画し,実践力を磨いています.
主な連携先: トヨタ自動車,日産自動車,三菱電機,村田機械,カシオ計算機,新川,関西学院大学.
・教員だけでなく,上級生たちから下級生への,きめ細かく手厚い指導体制が自慢です.
・多くの学生たちが大学院に進学して,ホンモノの研究を推進しています.
・学会発表などやコンテスト出場で,国内だけでなく,海外への出張や遠征も多数(毎年20〜30件).
・国際学会での研究発表,英語自主勉強会,海外留学など,世界レベルで活動中です.
・就活対策として,資格取得やコンテスト応募を強力に支援しています.世界的なロボットコンテストへの応募,基本情報処理技術や画像処理検定などに続々と合格しています.
  2012年:資格取得10名,表彰受賞24名.
  2013年:資格取得 7名,表彰受賞25名.
  2014年:資格取得 8名,表彰受賞22名.
■主な研究領域と卒業研究テーマ例
・3次元カメラによる産業用ロボットの知的制御
・世界最高速の物体認識(橋本研究室オリジナル技術)
・自動走行ロボットのビジュアルフィードバック制御
・人間のように反応する知能ロボット,コミュニケーションできるロボット
・自ら進化するロボット,顔やジェスチャーの認識
・人間の顔表情の認識(コミュニケーションロボット応用)
・二足歩行ロボットの視覚システム
メッセージ

 発足してまもない研究室ですが,コンテスト入賞,学会表彰や資格試験合格など,着実に成果が現れているので,大手メーカを中心に,就職内定率はきわめて好調です.
 主な内定先としては,2014年度:日産自動車2名,デンソーテクノ1名,2015年度:三菱電機1名,日産自動車1名などです.
 これから社会に巣立つ皆さんにとって貴重な時間を,この研究室で,やる気のある仲間たちとともに過ごしませんか?
 自分を高めたい,学生生活を充実させたい,大きな達成感を味わいたい,海外にデビューしたいと思っている学生を大いに歓迎します.一緒に研究を楽しみましょう!
★詳しくは研究室ホームページをご覧ください!

URL

研究室入り口 http://isl.sist.chukyo-u.ac.jp/
動画でわかる橋本研究室
 http://isl.sist.chukyo-u.ac.jp/MovieTheater/MovieTheater.html

担当科目

ロボット工学,センサ工学,メカトロニクス,生産システム工学概論,線形代数学,画像情報処理基礎特論2(大学院),画像センシング論セミナー(大学院)

略歴
  • 1962年 大阪府生まれ
  • 1987年 大阪大学大学院工学研究科前期(修士)課程修了
    同年    三菱電機(株)生産技術研究所に入社
  • 1988年 同社先端技術総合研究所にてロボット知能化技術の研究
  • 2000年 大阪大学 博士(工学)
  • 2008年 中京大学 情報理工学部 機械情報工学科 教授
  • 2013年 中京大学 工学部 機械システム工学科 教授