教員紹介

コンピュータビジョンシステム研究室(CVSLab.)

マシンビジョン、ロボットビジョン、画像処理の産業応用

機械システム工学科 青木 公也

自己紹介(研究人生)

 出身は兵庫県・丹波の山奥です.というわけで,子供のころは野山を駆け回っていました.一転,大学生活は横浜でおくりました.専攻は機械工学で,研究室は溶融加工 (簡単にいうと金属を溶かしてくっ付ける,例えば溶接などです)をメインテーマとしていました.私自身は,溶接後の非破壊検査や溶接ロボットの視覚系に興味を持ち,取り組んでいました.検査では画像中からキズや欠陥を検出するわけですが,これを画像処理 技術によって自動化することを試みました.また,溶接ロボットでは溶接箇所や溶融状態 (金属が溶けている)をダーティーな環境下でディジタルカメラを用いて監視するわけです.これらの研究から痛感したのは,熟練した検査員や職人の方々は難なくやっている (やっているように見える)画像の認識を,コンピュータにやらせることがなんとも難しいということです.
 中京大学赴任前の 4年間は豊橋技術科学大学で助手を勤めていました.所属研究室では画像処理・認識,コンピュータグラフィックス(CG),アニメーションと機械工学科とはまた違った魅力的なテーマ群に囲まれて過ごしました.特に CG研究は,学生時代にはなかった華やかさを感じました.私自身は人間と共存するロボットを想定した視覚系の研究に取り組みました.具体的にはステレオビジョンを用いた 3次元物体の認識です.今度は熟練者に限らず誰でもが何気なく行っている物体認識の難しさを痛感させられることになりました.
 これまでの研究人生を通じて,人間の画像処理・認識能力・ ”からくり ”のすばらしさと,コンピュータビジョン (CV)の難しさを思いしりました.

ゼミ紹介

 本研究室のテーマは、「知的な目を持ったコンピュータ」です。「目」はすなわち、外界の画像情報を取得するセンサです。得られた画像に「何が・どのように」映っているかを「理解」し、「知的に処理する」方法を提案し、ロボットや産業分野に応用します。研究成果については下記研究室サイト及び研究デモ動画サイトをご覧ください。

研究室の目標
  • 1.研究を通して「人間の画像処理・認識能力の素晴らしさ」を実感し,「人間のような柔軟で高度な画像処理システム」を構築する.
  • 2.「人間が苦手な画像処理。情報処理」に着目し,「精密・高速・疲れをしらない画像処理システム」を構築する.
  • 3.画像処理技術を通して社会に貢献する.
研究室サイト

http://cvslab.jp/,
http://www.youtube.com/user/CVSLab

担当科目

機械設計製作1・2,ロボット製作論,構造力学,熱力学,画像処理論セミナA・B,知能情報処理基礎特論2

略歴
  • 1973年3月 兵庫県生まれ
  • 1995年3月 慶應義塾大学機械工学科卒業
  • 1997年3月 同大学大学院理工学研究科修士課程(機械工学専攻)修了
  • 2000年3月 同後期博士課程(機械工学専攻)修了 博士(工学)
  • 2000年4月 豊橋技術科学大学情報工学系助手
  • 2004年4月 中京大学情報科学部情報科学科講師
  • 2006年4月 中京大学情報理工学部情報システム工学科
  • 2007年4月 同学科准教授
  • 2008年4月 中京大学情報理工学部機械情報工学科
  • 2012年4月 同学科教授
  • 2013年4月 中京大学工学部機械システム工学科教授