情報工学科

履修モデル

ハード・ソフトウエアや情報システム開発を学ぶ「コンピュータエンジニアリング」、人工知能やデータサイエンス技術を習得する「人工知能・データサイエンス」、ウエブやネットワーク技術を学修する「ウエブネットワーク」の3つの履修モデルを設定しています。

履修モデル
コンピュータ技術・モデル

 プログラミング技術に精通した情報エンジニアとして、必要なプログラミング言語、多様なプログラミング手法やアルゴリズムだけでなく、ハードウエアに関する知識も修得する。

人工知能・データサイエンスモデル

 目まぐるしく変化する人工知能、データサイエンス分野の進展や応用したシステム開発に対応できるよう、それらの基礎理論を理解するとともに、システム開発技術も修得する。

ウエブ・ネットワーク・モデル

 高度なWEBサイトの構築に必要な知識・技能を修得。また、LANやWAN、イントラネット、クラウドなどの多様なネットワーク応用システムの構築に必要な素養を身につける。