教員紹介

データ工学研究室

情報システムの知能化と情報の構造化〜知的なデータベース〜

情報工学科 伊藤 秀昭

研究テーマ

研究室の研究テーマは,「システムの知能化」と「情報の構造化」です.データベースシステム,情報検索システムおよび人工知能システムを中心とした情報システムに関するソフトウェアシステムの研究開発を行っています.情報システムをより知的とし,問題解決に有用なシステムを実現することを目標としています.一方,情報は単独では存在せず,互いに関連付けられることによってより有意義となります.情報の構造化に関する研究では,情報を有機的に関連図付けることを目標としています.システムの知能化と情報の構造化に関する研究は,マルチメディアデータを対象に進めています.いわゆるマルチメディア情報を中心として,様々なメディアで表現される情報を知的処理の対象としています.次のような研究テーマを長期にわたって開発を進めており,具体的なシステム開発に取り組んでいます.

(1) 顔索引づけシステム
キーワードで表される記号情報と顔写真より得られる数値情報を統合した情報に基づき,規則や隠れ意味索引付けを応用して顔イメージに対して適切なキーワードを付与する索引付けシステムを開発しています.また,このシステムは顔ブラウザとしての機能をも有しています.規則や隠れ意味空間は,知識ベースとして振る舞っています.
(2) 画像を用いたWeb検索エンジン
これまでの検索エンジンはキーワードを用いた検索エンジンです.しかし,キーワードを与える方法では,キーワードとして与える用語が,検索要求を表す記号である必要があります.しかし,ある対象を表現する用語がキーワードとして想起されないということも多々あり,検索対象が言葉で表すことが困難であるので,画像や写真といった形式でしか表されないといった局面も見受けられます.そのようなときに,検索要求として画像を与えることができれば容易に対象を検索することができると考えられます.
(3) 地域ニュースの地図表示
地域版の新聞にはローカルニュースが掲載されています.読者がそのような記事を読むときには,まず,記事の内容を理解するでしょう.さらに続けて,実世界での場所と記事が関連づけられるでしょう.この機能を実現するシステムとして,地域ニュースの地図表示システムの実現を進めています.
(4) オリンピック史料における情報関連抽出
IOC委員長であったブランデージ氏が所有した書簡や文書の相互関係を抽出するシステムの開発を進めている。書簡や文書の資料的価値は高く、これまでに認知されている関係だけではなく、情報抽出技術を開発することによって、これまで考えられていなかった関係や、社会的な構造が明らかになる可能性がある。現在、書簡の交換、書簡に出現した固有名詞や単語から、その当時の人間関係や社会背景を明らかとすることを目的としている。
学生の方へ

 人工知能や知識工学を基礎として,データベースや情報検索技術に応用した,知能メディアやマルチメディアを扱う情報システムを構築するというテーマです.これを達成するためには,人工知能や情報システムの理解だけではなく,画像処理やネットワークについても基礎的な知識が必要であると考えています.以上は非常に大きな枠組みですが.実際にはテーマを決めて,関連技術を調べ,その上で自分の考えを実現するというようなことを行っています.さらに,情報システムはアイデアとして述べるだけではなく,考えたアイデアやアルゴリズムを実装し,システムを評価することも重要です.

発表
  1. Hideaki Ito, Kazuki Kasugai, Syouhei Kanamori, Shimpei Kanekasu, Shinsaku Tashiro, Tsuyoshi Taki, Junichi Hasegawa and Kyoko Raita: Retrieval and Analysis Mechanisms in Letter Management System LMBC , Proceedings of the 11th International Conference on Knowledge Management (ICKM2015), pp.104-113, Osaka, Japan, from 4-6 November 2015.
  2. Hideaki Ito and Saburou Iida: Method for Organizing Grover's Quantum Oracle, Open Systems & Information Dynamics, Volume 21, Issue 04, December, 2014, 1450011 [12 pages] DOI: 10.1142/S1230161214500115.
  3. Hideaki Ito, Kazuki Kasugai, Syouhei Kanamori, Shimpei Kanekasu, Shinsaku Tashiro, Tsuyoshi Taki, Junichi Hasegawa, Kyoko Raita : Structure of a Prototype System for Managing Letters. Procedia Computer Science,Volume 35, 2014, Pages 11-18, Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems 18th Annual Conference, KES-2014 Gdynia, Poland, September 2014 Proceedings. Edited By Piotr Jedrzejowicz, Ireneusz Czarnowski, Robert J. Howlett and Lakhmi C. Jain.
  4. Hideaki ITO: LonMaps: An Architecture of a Crime and Accident Mapping System based on News Articles. Proceedings ICONS 2014, pp.67-72, The Ninth International Conference on Systems ISBN: 978-1-61208-319-3, February 23 - 27, 2014, Nice, France
  5. Hideaki Ito: An Overview of a News Map System for Local News in Newspapers. Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, Volume 243, Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, Edited by Manuel Grana, Carlos Toro, Jorge Posada, Robert J. Howlett, Lakhmi C. Jain, pp.1031 - 1040, IOS Press, 2012.
担当科目

データベースシステム,ウェブ工学, 最適化工学,コンパイラ論(情報工学科), データ工学セミナーA・B(情報科学研究科 修士課程), 情報システム特論I(情報科学研究科 博士課程)

略歴
  • 1982年 東京電機大学理工学部卒業
  • 1984年 東京電機大学理工学研究科修士課程修了
  • 1986年 東京電機大学理工学研究科博士課程中退
  • 1986年 (財)日本情報処理開発協会
  • 1990年 中京大学 情報科学部
  • 1995年 博士(工学)(名古屋大学)
  • 2006年 中京大学 情報理工学部
  • 2013年 中京大学 工学部