教員紹介

電波研究室

高周波帯電波の特性の解明及び通信・応用技術の研究

電気電子工学科 上林 真司

自己紹介

 23年間,NTTドコモで携帯電話システムの研究開発に携わってきました.ドコモでは,音声をディジタル信号に変換する技術,無線通信の途中で誤った信号を訂正して元の信号を復元する技術,CDMA 方式を移動通信に適用するための基本技術,電波で移動機の位置を推定する技術などを研究し,携帯電話システムの音声信号処理装置,データ信号処理装置などを開発しました.国際標準化に携わったので,世界中のいろいろな街に行った経験もあります.  岡崎出身で,大学時代 9年間名古屋に住んでいました.当時は,サイクリングが好きで,愛知県を中心に毎週自転車でこのあたりを走っていました.愛知県の風土,人,言葉,風景,全てが好きです.  2009年9月に中京大学に着任しました.無線の分野で愛知県を支える人,世界で活躍する人などを育てることができればと思っています.

図1. 移動通信システムの構成
研究

 移動機と基地局の間の見通しが得られない環境でも,電波を使って移動機の位置を推定できる UWB(Ultra Wide Band)ポジショニング技術を研究開発し,計算機シミュレーションと実験(図2)により評価している.最近、電波を使って電力を供給する無線給電技術の研究をスタートした.今後は,第5世代移動通信技術で必要になる超多端末無線アクセス技術(無線端末が爆発的に増えたときに各無線端末を区別して通信する技術)の研究も開始する予定である.

図2. 位置推定実験
著書

新版ディジタル移動通信(科学新聞社)(一部),移動通信ハンドブック(オーム社)(一部),W-CDMA 移動通信方式(丸善)(一部),やさしいディジタル移動通信(オーム社)(一部),電気電子工学の学び方(オーム社)(一部)等

担当科目

電磁気学2・実習(2年秋学期),通信工学概論(2年秋学期),電波工学(3年春学期),無線通信工学(3年秋学期)等

略歴
  • 1977年 愛知県立岡崎北高校卒業
  • 1981年 名古屋大学工学部電気電子工学科卒業
  • 1986年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程後期課程修了(工学博士)
  • 1986年 NTT 通信網第2 研究所入所
  • 2000年 NTT ドコモ 無線ネットワーク開発部TDD 方式グループリーダ
  • 2003年 NTT ドコモ ワイヤレス研究所 EMC 研究室長
  • 2009年 中京大学情報理工学部教授