トップページ > 受賞・活躍

松田凌さんの論文が「ロールシャッハ法研究」に掲載

松田凌さん(心理学研究科博士後期課程2年)の論文が「ロールシャッハ法研究第22巻」に掲載されました。ロールシャッハテストと実験的な手法を組み合わせることによって、ロールシャッハ反応が産出される過程を明らかにしようと試みた論文です。

松田凌(2018) ロールシャッハ・テストの色彩反応と情動刺激によるストループ干渉の関連 ロールシャッハ法研究22巻 pp.42-53

pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.