トップページ > 受賞・活躍

スマイルデーなごやに参加

近年、若年層における自殺の問題は深刻な状況にあることから、若年層を対象とした自殺対策の充実は重要な課題となっています。名古屋市では毎年、子ども・若者向けの自殺予防イベント「スマイルデーなごや」を開催しています。当日は、各種相談窓口のブース出展やスマイルサポーターのライブステージ、マンガコンテストの展示・一般投票などが行われました。
昨年度に引き続き、唯一の非相談機関ブースとして、名古屋市精神保健福祉センターや愛知県弁護士会などに混じって出展しました。

(川島大輔)

企画を担当して

今年は「スマイルで心理学」と題して、笑顔測定アプリを使用し、笑顔の木を参加者の方々と作り上げながら、笑顔の効果を心理学的に知ってもらうという企画を行いました。また、運営の方のご協力のもと、学生が参加者の方々とクイズラリーを一緒に周るスマイルツアーを実施したり、PR活動としてラジオに出演したりしました。昨年に続く2回目の参加となりましたが、前回よりも皆で協力して積極的に企画に取り組むことができました。

(4年・松島)

川島ゼミは2回目のスマイルデーなごや参加となりました。「スマイルで心理学」をテーマとして、笑顔の効果を紹介するとともに、アプリを使って参加者の方々の笑顔度を測定しました。他にも、川島ゼミで行っているインタビュー調査の内容紹介や、子ども向けの塗り絵、折り紙企画なども多くの参加者に来ていただきました。今年は川島ゼミのブース内での企画の他に、「スマイルデーツアー」や「ラジオ放送でのイベント紹介」、「SNS発信」などの様々な企画にチャレンジしました。企画の考案や担当者との打ち合わせ、事前準備、当日の活動など、非常にたくさんのことを3年生が中心になって頑張ってくれました。去年よりもさらによい企画になったと思います。

(大学院生・古賀)

イベント終了後ブース前にて
pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.