トップページ > 受賞・活躍

「心理学者が統計を理解し直すための
数学ブートキャンプ:基礎の基礎編」のご案内

「心理学者が統計を理解し直すための数学ブートキャンプ:基礎の基礎編」を下記の通り開催致します。
多数の皆さまのご来場をお待ちしております。

【日程】
2018年9月15日(土)13:00-17:00
2018年9月16日(日)09:00-17:00
2018年9月17日(月祝)09:00-15:00

【場所】
中京大学 名古屋キャンパス センタービル (0号館) 8階 0806教室
・交通アクセス
https://www.chukyo-u.ac.jp/information/access/h1.html
・キャンパスマップ
https://www.chukyo-u.ac.jp/information/facility/g1.html

【企画者】
秋保亮太・池田功毅 (中京大学心理学部)
akiho@lets.chukyo-u.ac.jp

【講師】
清水裕士 (関西学院大学社会学部)
http://norimune.net/

【趣旨】
心理学は、統計的知識が必須の学問です。
各種統計的分析を理解していく上で、微分・積分や行列などといった手法、正規分布や最尤法などに関する数学的背景を学ぶことは重要であると言えます。
しかし、統計学に用いられている数学そのものを十分に解説している心理統計の本は多くありません。
その一方で、心理学者や心理学専攻の院生・学部生は文系出身が多く、数学に対して苦手意識を持っている方も多いのではないかと思います。
本企画では、こうした背景を受け、心理統計に用いられる数学の基礎の基礎について学び、心理学者であれば誰もが知っている統計的分析を数学的な観点から理解していくことを目的としております。
これにより、数学に対する苦手意識の克服や統計学に対する抵抗感の減少を目指し、ひいては、これからの心理学研究そのものの発展に役立てて頂ければと考えております。
講師には、関西学院大学社会学部教授の清水裕士先生をお招きし、上述の心理統計に関する数学的背景についてご解説頂きます。多数の皆さまのご来場をお待ちしております。

【内容】
中学数学レベルから開始し、基礎からじっくり丁寧に進めていく予定です。
以下3点を中心に据えて、各種の式について全てのステップを順にたどりながら導出していきます。
1. 最小二乗法のための微分
2. 最小二乗法のための線形代数
3. 最尤法のための確率

【参加資格等】
心理統計を扱う方でしたらどなたでも参加可能です。
参加費は無料となります。
1日のみの参加などでも問題ございません。
ただし、会場の都合上、参加人数に上限がございます (最大50名)。
参加をご希望の方は、事前の登録が必要となります。
また、9月15日(土)・16日(日)につきましては、懇親会も予定しております。名古屋らしいお食事などをご堪能頂ければと考えております。
こちらも、事前に出欠をお知らせください。
それぞれの登録は、以下のフォームよりお願い致します。
https://goo.gl/forms/k5wsavg5lK5Oa4nr1

pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.