トップページ > お知らせ

「科目の読み替え表」を公開しました。

 公認心理師受験資格確認用の<科目の読み替え表>を公開しました(2017年10月31日説明文修正)

2002年度(平成14年度)以降に、本学心理学研究科臨床・発達心理学専攻臨床心理学領域博士前期課程(修士課程)に入学され修了された方、および、2000年度(平成12年度)・2001年度(平成13年度)に本学文学研究科心理学専攻課程に入学され修了された方に対し、公認心理師を、受験資格の特例「Dルート」(公認心理師法の施行前に大学院に入学し、課程を修了した者又は在籍中の者であって、公認心理師となるために学ぶ必要がある科目を修めたもの)で受験できるか否かの判断基準となる科目の読み替え表を公開します。
この表に記載されている条件に該当される方は、現任者講習を受講せずに公認心理師資格試験を受験することができます(「Dルート」の利用可)。(なお資格認定にあたっては、厚労省・文科省が本学の読み替え方針を有効だと許可する段階がまだ最終的に残っていますのでこの点はご承知おきください)。
1999年度(平成11年度)以前入学生は、教育課程上、省令で定める科目を充足することができないため現任者講習の受講が必要となります(いわゆるGルート)。ただし、1999年度以前の入学生であっても、2000年度以降に在学をしていた場合は、2000年度以降の教育課程に設置された科目を一部単位修得することでDルートに該当する場合がありえます。 以下の表及びご自身の成績・単位修得証明書を確認の上、不明な点があれば大学院事務課(℡052-835-9863)までお問い合わせください。

なお、上記Dルートに当てはまらない場合、学部時代の履修科目を読み替えて、いわゆる「F ルート」を利用して受験する方法があると理解されている方がおられますが、Fルートは、実際上、現在の段階ではすぐに利用できる受験資格制度ではありませんのでご注意ください。


(公認心理師試験受験申込書に、添付する「科目履修証明書」の発行については詳細が決まり次第ホームページ等でお知らせいたしますので、お待ちください。日本心理研修センターによると、当該書類の書式の確定は来年2月頃とのことです。)



科目読み替え表:心理学研究科臨床・発達心理学専攻修了生用【2002年度(平成14年度)以降入学生用】(PDF)


科目読み替え表:文学研究科心理学専攻修了生用【2000年度(平成12年度)・2001年度(平成13年度)入学生用】(PDF)



pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.