トップページ > 教員紹介 > 坂井 誠 教授 > ゼミ紹介

ゼミ紹介

坂井ゼミ(臨床心理学領域)

坂井 誠 教授

ゼミの概要

 ゼミでの研究テーマは認知行動療法を中心とした臨床心理学に関する幅広い領域を扱っている。
 3年生ゼミでは、春学期は認知行動療法の専門的知識を深める目的で、毎回、担当グループによる発表とディスカッションを行う。内容は、うつ病、社交不安症、強迫症、不登校、自閉スペクトラム症などの障害、ならびに、リラクセーション技法、マインドフルネス技法、認知再構成法などの技法を取り上げる。秋学期は、卒業論文作成のための研究方法の習得と研究テーマの決定を目指す。ゼミ生各自が興味を持った文献を紹介しながら、その内容を全員でディスカッションしていく。大学院進学希望の4年ゼミ生ならびに大学院ゼミ生も指定討論者として参加する。
 4年生ゼミでは、卒業論文指導を中心に進める。春学期は研究計画書に基づいたデータの収集を行う。おそくとも秋学期のはじめまでにはデータの収集を終え、結果の分析と論文の執筆作業を行っていく。研究テーマは幅広く様々である。キーワードのいくつかを紹介すると、不安、うつ、マインドフルネス、ストレス、攻撃性、社会的スキル、自尊感情、学校適応、発達障害などがある。時間外には、就職活動や大学院進学の相談にも応じる。
 大学院ゼミでは、エビデンス・ベーストな認知行動療法に関する研究、臨床指導を行う。科学者・実践家モデルに準拠した臨床家の養成を目指しており、学会発表等の研究活動を奨励している。

教員からの一言

 臨床心理学を学びたい、認知行動療法に興味がある、人にやさしくありたいと思う学生を歓迎する。ゼミ運営に関しては、各学年のゼミ生同士の横のつながりだけでなく、学年を超えた縦のつながりも大切にしたいと考えている。学生の自主性を尊重しながら、楽しく、厳しく、そして積極的に学びあう時間を共有していきたい。
教員紹介へ戻る
pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.