トップページ > 教員紹介 > 松本 友一郎 准教授

教員紹介

松本 友一郎 准教授3号館別館 2F

領域 応用心理学領域
プロフィール 京都府立大学福祉社会学部(現・公共政策学部)卒業。大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了。同博士後期課程を中退後、大阪大学大学院人間科学研究科助教。
2012年4月、中京大学着任。博士(人間科学)。ほんの少し会社員の経験もあり、それがきっかけで職場における心理や行動の研究を始めました。
ゼミ紹介ページ

担当科目・研究

▼担当科目

組織心理学 等

▼専門分野

職場の対人関係とストレスの関連について研究しています。対人ストレスそのものを研究するというよりは、職場で複雑に絡み合う問題を解きほぐす一つの糸口として捉えています。最近は、職場における本音の抑制について興味を持っています。本音の抑制には功罪があると思いますが、それよりも、職場において本音を抑制するという出来事が生じる要因は何か検討していきたいと考えています。

著書・活動

▼著書(共著)

1.松本友一郎 2014 看護現場の対人ストレスと離職防止策(pp. 36-43) 日総研グループ(編) 新人・中途・中堅看護師育成 実践的アプローチ27 日総研出版
2.松本友一郎 2015 異なる立場におけるコミュニケーション(pp. 145-153) 浮谷秀一・大坊郁夫(編) 現代社会と応用心理学5 クローズアップ「メディア」 福村出版
3.松本友一郎 2015 産業におけるリスクと安全(pp. 138-145) 森下高治・蓮花一己・向井希宏(編) 現代社会と応用心理学4 クローズアップ「メンタルヘルス・安全」 福村出版
4.松本友一郎 2016 社会的影響(pp. 167-175.),組織(pp. 221-226) 向井希宏・水野邦夫(編) 心理学概論 ナカニシヤ出版
5.松本友一郎 2017 ノートを貸す?貸さない?(pp. 124-125),ひとりぼっちの連鎖(pp. 132-133),人づきあいは疲れる?(pp. 134-135) 谷口淳一・相馬敏彦・金政祐司・西村太志(編) エピソードでわかる社会心理学―恋愛関係・友人関係から学ぶ― 北樹出版
6.松本友一郎 2018 ストレスとメンタルヘルス(pp. 63-75) 松田幸弘(編) 経営・ビジネス心理学 ナカニシヤ出版



▼学術論文

1.安達悠子・臼井伸之介・篠原一光・松本友一郎・青木喜子 2007 看護業務における違反事例の収集とその心理的生起要因に関する検討. 労働科学, Vol. 83, No. 1, 7-23.
2.松本友一郎・釘原直樹 2008 上司との関係評価,コーピングがストレス反応に及ぼす影響―社会人と学生アルバイト従業員の比較―.心理学研究, Vol.79, No.2, 166-171.
3.松本友一郎・釘原直樹 2009 看護師の上司‐ 部下関係に対する評価,コーピングとストレス反応の関連.実験社会心理学研究,Vol.48, No.2, 167-173.
4.安達悠子・臼井伸之介・松本友一郎 2010 看護業務における違反の心理的生起要因に関する研究.応用心理学研究, Vol.35,No.2, 71-80.
5.松本友一郎・臼井伸之介 2010 医師及び他の看護師との関係における対人ストレッサーが看護師のバーンアウトに及ぼす影響.応用心理学研究, Vol.36, No.1, 1-12. <2012年度応用心理学会学会賞(論文部門)を受賞>
6.松本友一郎・臼井伸之介 2012 看護師の葛藤対処行動が日常の認知的失敗傾向に及ぼす間接的影響―媒介要因としてのストレッサー及びバーンアウトの効果―.産業・組織心理学研究, Vol.25, No.2, 121-133.
7.松本友一郎・臼井伸之介 2012 職場の対人関係が新人看護師の精神的健康に影響を及ぼす過程に関する質的検討.産業・組織心理学研究, Vol.25, No.2, 135-146.
8.安達悠子・山口(中上)悦子・松本友一郎・臼井伸之介 2014 看護業務における違反の心理的生起要因―看護学生,リスクマネジャーを対象に―.応用心理学研究,Vol. 40, No. 1, 23-35.
9.松本友一郎 2018 社会的自己制御及び組織風土と職場における本音の表出不能経験の関連―世代別の検討―.応用心理学研究, Vol. 43, No. 3, 244-255.
10.松本友一郎 2018 職場におけるコミュニケーションと安全.産業ストレス研究,Vol. 25, No. 2, 207-214.
11.安達悠子・松本友一郎・臼井伸之介 2018 医療に係る安全管理のための職員研修に関する事例報告―研修義務化直後の6病院での取り組みを通して―.労働科学, Vol.94, No. 5, 132-141.

所属学会

日本心理学会、日本応用心理学会、産業・組織心理学会 等
pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.