トップページ > 教員紹介 > 川島 大輔 准教授 > ゼミ紹介

ゼミ紹介

川島ゼミ(発達心理学領域)

川島 大輔 准教授

ゼミの概要

 ゼミでは、自ら問いを発し、それを鍛えていくことを目指します。その問いは、みなさんの卒業研究における研究目的へとつながるものです。
 具体的には、個人発表、演習、ワークの3 部構成を予定しています。
① 個人発表
 個人発表の時間には、各自の研究テーマについてじっくり検討していきます。とくに研究テーマの鍵となる言葉(キーワード)をそれぞれの問いから探していくプロセスを大事にしたいと考えています。ただし自分の問いを探求し、鍛えていくことは容易いことではありません。往々にして、自分自身の経験や問題と向き合うことも求められます。
② 演習
 演習の時間には、問いを鍛えていくための道具となる方法論を学びます。とくにフィールドワークやインタビューといった質的研究法のプロセスを演習形式で学ぶことが核となります。すなわち現場へ赴き、インタビューなどを通じてデータを収集し、それを質的に分析し、まとめ、報告するまでのプロセスです。同時に、観察法や質問紙法などの他の研究方法についても学んでいきます。
 なお、質的研究者の研究姿勢として、ブリコルール(よろず屋)という言葉があります。研究目的に照らして、最適な研究手法を選択する姿勢を指したものです。本ゼミでも、研究目的に照らして最適な手法を選択できるよう、発達心理学領域における多様な研究方法の基礎知識を習得していただきたいと思います。
③ ワーク
 ワークの時間には、死生や生涯発達に関わる体験的なワーク及びディスカッション等を通じて、他者と対話する力を養います。

ゼミ生となられる方に期待すること

 大学は勉強よりも学問を探求する場所です。つまり強いて勉めることよりも、自ら問いを発し、学ぶ姿勢が求められます。とくにゼミでの学びの中核になる質的研究という方法論では、自らの問いを省察するプロセスがきわめて重要です。受け身の姿勢、教えてもらうだけの姿勢では問いを探求することは難しいでしょう。積極的に自分の問いを追求していく熱意が大切です。
 また質的研究では、自分自身を研究の道具として活用していこうとします。そのためにも、これまで自明のことと位置づけていた事柄を省察する思考の柔軟性が問われます。とはいえ、何の手だてもないまま省察を行うことは困難です。そこで本ゼミでは、演習やワーク、個人発表の3 つの柱それぞれにおいて、他者との対話を重視します。具体的には、自分の考えを積極的に言葉にし、伝えていこうとすることと同時に、他者の考えに耳を傾け、理解しようとする姿勢が強く求められます。また他者とは必ずしも身体性を伴ったものとは限りません。先行研究などにおける先人の言葉に触れ、それと対話を行うことも極めて重要です。

ゼミを決定する際の注意事項

 本ゼミでは、自分の問いを積極的に追求していこうとするのであれば、基本的には(とくに青年期以降を対象とした)生涯発達心理学に関わるどのようなテーマでも歓迎します。
 ただし、私がこれまで研究してきた老い、死、自殺といった「喪失」を主題としたテーマに取り組むのは容易ではありません。研究を行っていく上で自分自身の喪失と向き合うことも必要ですので、これらの研究テーマに取り組む場合には、倫理的な配慮と同時に、自分の心の健康を保つ工夫も必要です。そうしたことも念頭において、自分がこれからの2 年間でいったい何をしたいのかをぜひじっくり考えてください。その上で、所属ゼミの希望を出していただければと思います。
 研究を行うことは容易いことではありません。苦しいことや、大変なことの連続です。しかし問いを追求していく楽しさや、研究をまとめあげたときの達成感は、その苦労を経なければ経験することはできません。自分の問いと向き合い、丁寧な検討を積み重ねていくこうした行為は、みなさんのこれからの将来にとっても有益な活動だと思います。
 みなさんとともに学べる機会を心待ちにしています。
教員紹介へ戻る
pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.