トップページ > 教員紹介 > 水野 里恵 教授

教員紹介

水野 里恵 教授3号館別館 2F

領域 発達心理学領域
プロフィール 名古屋市出身、名古屋大学法学部卒業、愛知県行政職員を経て、北海道大学教育学部卒業、名古屋大学大学院教育学研究科博士後期課程修了、博士(教育心理学)。
ゼミ紹介ページ

担当科目・研究

▼担当科目

(学部)発達心理学概論1 心理学と法 心理学講読演習5・6
(大学院)社会・情動発達の基礎 人格発達心理学特論 ほか

▼専門分野

発達心理学,教育心理学
現在は、気質(発達初期から顕れる体質的個人差)・性格(自己の行動規準・モラルや動機づけを含む個人差)の発達過程に関心を持って研究を進めています。

著書・活動

▼著書

単著
母子相互作用・子どもの社会化過程における乳幼児の気質 (2002) 風間書房
分担執筆
気質 (2009) 日本児童研究所(編)「児童心理学の進歩 VOL.48. 2009年版 」第一章 金子書房 2-26.
乳幼児の気質と母子相互作用・子どもの社会化過程 (2009) 三宅和夫・高橋惠子(編)「縦断研究の挑戦 発達を理解するために」第四章(金子書房) 89-104.
気質と情動 (2008) 渡辺弥生・伊藤順子・杉村伸一郎(編)「原著で学ぶ社会性の発達心理学」第二章(ナカニシヤ出版) 10-17.
胎児期から乳児期へ (2000) 宮川充司・大野久・大野木裕明(編)「子どもの発達と学校」第二章(ナカニシヤ出版) 17-30.

▼論文

日本の子どもの対人場面での自己制御行動:乳幼児期から青年期にかけての発達過程 (2011) 中京大学心理学部・心理学研究科紀要 1-13.
Application of the Revised Infant Temperament Questionnaire for evaluating temperament in the Japanese infant:Creation of an abridged Japanese version. (2006) Psychiatry and Clinical Neurosciences, 60, 9-17. 共著
自己制御機能の初期発達:" 遊び" と" 学び" のけじめの起源を探るための試み (2005) 中山科学振興財団報告書. 共著
社会的知性としてのモラル・教育されるモラル (2004) 愛知江南短期大学紀要33 号 141-152.
乳幼児の気質研究の動向と展望 (2003) 愛知江南短期大学紀要32 号 109-123.
Temperament of Low Birth Weight Infants and Child-Rearing Stress: Comparison with full-term healthy infants. (2002)
Early Child Development and Care, 172(1), 65-75. 共著
「公正」の道徳性の発達過程に関する一考察 (2002) 愛知江南短期大学紀要第31 号 115-126.
幼児教育専攻学生の保育効力感:その発達過程と保育実習評価との関連 (2001) 愛知江南短期大学紀要30 号 97-110.
大学生の道徳性の意識構造(2000) 愛知江南短期大学紀要29 号 175-185.
幼児の自己制御機能--- 乳児期と幼児期の気質との関連 (1998) 発達心理学研究 第9 巻 第2 号 131-141. 共著
Infant temperament and child-rearing stress: Birth order influences (1998) Early Human Development 51, 123-135. 共著
乳児期の子どもの気質・母親の分離不安と後の育児ストレスとの関連:第一子を対象にした乳幼児期の縦断研究 (1998)発達心理学研究 第9 巻 第1 号 56-65
母親の分離不安--- 母親役割観・乳児の行動抑制傾向との関連(1995) 乳幼児医学・心理学研究 第4巻 第1号, 17-26.

▼社会的活動

江南市青少年問題協議会委員(1999 年度~ 2006 年度)
犬山市託児ボランティア養成講座講師(2004 年度)
犬山市1・2・3 歳児をもつ親の勉強部屋講師(2004 年度~ 2005 年度)
イーブル名古屋 託児ボランティア研修会講師 託児ボランティア養成講座講師 (2014年度)

所属学会

日本心理学会, 日本教育心理学会, 日本発達心理学会, American Psychological Association, 法と心理学会, Society for Research in Child Development, 日本神経心理学会
pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.