トップページ > 教員紹介 > 神谷 栄治 教授

教員紹介

神谷 栄治 教授3号館別館 3F

領域 臨床心理学領域
プロフィール 東京都立大学大学院人文科学研究科(心理学専攻)単位取得退学。臨床心理士。日本精神分析学会認定心理療法士
ゼミ紹介ページ

担当科目・研究

▼担当科目

パーソナリティ心理学、心理学課題演習1・2、心理学講読演習Ⅰ・Ⅱ、心理アセスメント実習1・2、卒業研究、臨床心理査定演習1

▼専門分野

臨床心理学(心理アセスメント、心理療法、臨床心理的援助)

著書・活動

▼著書

(共著)神谷栄治・西原美貴 2009 老年期をめぐる心理療法と心理的支援 (田中信市・下川昭夫編 『中年期・老年期の臨床心理学』 培風館)
(単著)神谷栄治 2008 青年期の臨床心理学 (神谷栄治・井上果子編 『思春期・青年期の臨床心理学』 培風館)
(単著)神谷栄治 2006 「無意識」の発展とパーソナリティ構造論 (氏原寛・成田善弘編 『意識と無意識』 人文書院)
(共著)藤居学・神谷栄治 2007 『自閉症-「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育』 新曜社
(共著)成田善弘編 2006 『境界性パーソナリティ障害の精神療法』 金剛出版
(単著)神谷栄治 2004 人格障害の心理療法 (成田善弘編著 『心理療法の実践』 北樹出版)
(単著)神谷栄治 2000 診断と見立ての枠組み―DSM とICD をめぐって (氏原寛・成田善弘編 『診断と見立て』 培風館)

▼論文

神谷栄治 2010 精神分析的精神療法における初回面接 精神療法 36(4), 444-449
神谷栄治 2009 パーソナリティ障害とは何か-力動的観点から 臨床心理学 9(4), 477-484
神谷栄治 2008 広汎性発達障害と統合失調症の表面的類似性と病理の相違性-コネクショニズムの観点からのアセスメント仮説
中京大学心理学研究科・心理学部紀要,7(2),21-27
山川真紀子・竹内聡・神谷栄治他 2006 成人精神疾患におけるPDD スペクトラムという観点の有用性について 心療内科,10(6),428-432
木村宏之・市田勝・神谷栄治他 2006 境界性人格障害(BPD) の個人精神療法について治療者へのアンケート調査 精神神経学雑誌,108(8),801-812
神谷栄治 2003 被害者の支援と心的外傷 臨床心理学,3(6),832-839
神谷栄治 2003 心理士からみた操作的診断 臨床心理学,3(4),494-505

▼訳書

リサ・ルイス他著 神谷栄治訳 2012 トラウマを乗り越えるためのガイド-マインドフルネスとメンタライゼーションの実践 創元社
メアリー・J・ピーブルズ著 神谷栄治監訳 2010 初回面接―出会いの見立てと組み立て方 金剛出版
ジェームス・F・マスターソン他編 神谷栄治・市田勝監訳 2007 パーソナリティ障害治療ガイド 金剛出版
ナンシー・マックウィリアムズ著 成田善弘監訳 神谷栄治・北村婦美訳 2005 パーソナリティ障害の診断と治療 創元社

▼社会的活動

愛知県警察本部住民サービス課犯罪被害者支援室スーパーバイザー

所属学会

日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本思春期青年期精神医学会
pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.