中京大学ビジネススクール Graduate School of Business Innovation
  •  
  • メニュー

愛知県名古屋市でMBA・中小企業診断士登録資格を取得するなら【中京大学ビジネススクール】

履修モデル

ライフスタイルにあわせて自由に履修科目を選択

日曜日は休みにするとともに、土曜日の活用で仕事のある平日の負担を最小限におさえ、ゆとりをもって学べるカリキュラムを構築。先端的な科目を20時以降の7限に、MBA必須のスキル系科目を土曜日に開講するなど、人気の科目を受講しやすくすることで、仕事の状況やライフスタイルにあわせて多様な受講スタイルを選択いただけます。

  • MBAコース 標準モデル
  • MBAコース 土曜集中モデル
  • MBAコース 20時以降中心モデル
  • 中小企業診断士コース 中小企業診断士取得モデル

MBAコース 標準モデル

月~土で週2日を受講日に設定し、仕事との切り替えをはかる。

【1年次】
週のうち木曜日は仕事を18時に定時退社し、職場からビジネススクールへ。
土曜日は全2~3回の集中講義が複数科目開催されるため、春学期は5・6月、秋学期は9・10月といったように、都合の良いタイミングを選択して受講することが可能です。講義の無い期間の土曜日は、余暇や自主学習に充てることができます。
  修得単位
春学期 4月~8月       6限・7限   終日 選択必修科目:6
選択科目:2
       
秋学期 9月~1月       6限・7限   終日 選択必修科目:8
選択科目:4
       

1年次終了時点修得単位:20単位

【2年次】

修了に必要な単位の大半を1年次に修得済のため、2年次は残りの数科目の修得と、修士論文作成に集中することができます。

※水曜6限の「修了研究Ⅰ・Ⅱ」については、指導担当教員と相談の上、指導曜日・時間帯をフレキシブルに決めることが可能です。

  修得単位
春学期 4月~8月     6限     終日 選択必修科目:2
選択科目:6
         
秋学期 9月~1月     6限       選択科目:2
           

ページの先頭へ戻る

MBAコース 土曜集中モデル

土曜の科目を集中して受講し、平日は1日(7限)におさえる。

【1年次】
平日の仕事への影響を最小限におさえるため、土曜日の科目を集中して受講。
平日の7限は講義開始が20時10分からとなっており、市内からなら19時に会社を出ても間に合います。
  修得単位
春学期 4月~8月           終日 選択必修科目:12
選択科目:2
         
秋学期 9月~1月           終日 選択必修科目:8
選択科目:2
        7限

1年次終了時点修得単位:24単位

【2年次】
修了に必要な単位の大半を1年次に修得済のため、2年次は残りの数科目の修得と、修士論文作成に集中することができます。
※水曜6限の「修了研究Ⅰ・Ⅱ」については、指導担当教員と相談の上、指導曜日・時間帯をフレキシブルに決めることが可能です。
  修得単位
春学期 4月~8月     6限     終日 必修科目:2
選択科目:2
         
秋学期 9月~1月     6限       必修科目:2
           

ページの先頭へ戻る

MBAコース 20時以降中心モデル

平日7限の科目を中心に受講し、20時以降に余裕を持って学ぶ

【1年次】
週3~4日、平日の仕事に影響の少ない20時以降の時間にコンスタントに講義を履修。
土曜日の集中講義を多めに履修することで、修了に必要な単位を無理のないスケジュールで修得することができます。
  修得単位
春学期 4月~8月           終日 選択必修科目:16
7限     7限  
秋学期 9月~1月           終日 選択必修科目:8
選択科目:2
7限       7限

1年次終了時点修得単位:26単位

【2年次】
修了に必要な単位を1年次に修得済のため、2年次は修士論文作成に集中することができます。
※水曜6限の「修了研究Ⅰ・Ⅱ」については、指導担当教員と相談の上、指導曜日・時間帯をフレキシブルに決めることが可能です。
  修得単位
春学期 4月~8月     6限       必修科目:2
           
秋学期 9月~1月     6限       必修科目:2
           

ページの先頭へ戻る

中小企業診断士コース 中小企業診断士取得モデル

ビジネスの実践に役立つ科目を網羅し、国家資格を取得する

【1年次】
中小企業診断士コースは必修科目が多く、計画的な履修が必要ですが、講義は平日夜間と土曜日に開講されるため、働きながらMBAの「学位」と中小企業診断士の登録「資格」の両方を修得することが可能です。(水曜は資格取得のために必要な、企業診断実習を履修します。)
  修得単位
春学期 4月~8月   6限・7限 6限・7限 6限・7限 6限・7限 終日 必修科目:26
7限
秋学期 9月~1月   6限・7限 6限・7限 6限・7限   終日 必修科目:21
7限 7限

1年次終了時点修得単位:47単位

【2年次】
修了に必要な単位の大半を1年次に修得済のため、2年次はゆとりをもって修士論文作成に取り組むことができます。1年次履修できなかった選択科目を履修することもできます。(水曜は資格取得のために必要な、企業診断実習を履修します。)
  修得単位
春学期 4月~8月     6限・7限       必修科目:4
         
秋学期 9月~1月     6限・7限       必修科目:3
         

2年間修得単位:54単位

※中小企業診断士コースの場合は、2年間で必修科目を含む54単位を修得することで、国家資格である中小企業診断士の登録資格が付与されます。
MBAコースの場合は、54単位を修得しても中小企業診断士コースの必須科目が履修できないため、資格を取得出来ません。

さらに、自由度の高い履修スタイルを選択

ページの先頭へ戻る

さらに、自由度の高い履修スタイルを選択

長期履修制度

最長3年まで、標準2年と同額の費用での履修が可能

仕事の都合により、定められた修業年数では履修が困難な方が、標準修業年数(2年間)を超えて、計画的に履修できる制度です。

  • 長期履修の期間は最長3年間。必要単位に達するまで2年分の学費で履修できます。
  • 授業の履修及び単位の修得については、指導教官の指導により計画的な履修を行います。

MBA単科受講(科目等履修制度)

1科目から選択可能。半年間で単位の修得も可能。

必要なスキルをピンポイントで身につけたい、来年の入学に向けてトライアルしたいなどの要望に応え、授業科目の中から1科目または複数科目(1学期6単位以内)を選択して履修することを可能にした制度です。

  • 経営戦略や財務、管理手法か各種ビジネスツールまで、選べる科目は30以上。
  • 講義はすべて平日夜間と土曜日に開講で、働きながら受講可能。
  • 履修科目の試験に合格すれば、その授業科目の単位修得も可能。

※一部科目については履修できない場合があります。

関連コンテンツ

資料・願書請求

こちらからご請求ください。

資料請求はこちら

お問い合わせ先

TEL:052-835-7991
受付時間:平日 9:00~18:00
土曜 9:00~12:00

  1. ホーム
  2. 本気で学ぶためのコース・カリキュラム
  3. 履修モデル

ページの先頭へ戻る

中京大学ビジネススクール
〒466-8666 名古屋市昭和区八事本町101-2 TEL:052-835-7991

Copyright © Chukyo University All Rights Reserved.