中京大学ビジネススクール Graduate School of Business Innovation
  •  
  • メニュー

愛知県名古屋市でMBA・中小企業診断士登録資格を取得するなら【中京大学ビジネススクール】

MBAコース

平日の常識を土曜日に覆せ!土曜日×集中型×MBA

忙しいだけの日常の革新を目指すあなたに、「週一MBA」というソリューション

中京大学ビジネススクールは、新たな世界に踏み出そうとする現役社会人が、その構想を磨き、実現するための経営手法を獲得する場です。

ここには、厳しいグローバル競争を勝ち抜いてきた企業トップをはじめ、各分野で革新を主導する現役のプロジェクトリーダーや起業家、先駆的な経営研究を続ける研究者や専門家など、既存のビジネススクールの枠を超えて多様な英知が集結し、経営環境の変化を的確に捉えるための人脈形成の機会を提供。

その独創的な交流が、忙しいだけの日常の革新を目指すあなたに、「週一MBA」という、新たなソリューションを提供します。

土曜日オンリーでMBA取得
ビジネススクール修了要件となる必要単位数を、土曜日に開講する科目のみ(修士論文指導を除く)で取得が可能に。受講科目を土曜日に集中させることで、短時間では難しいケーススタディ(事例研究)や、白熱したグループディスカッションによる深い学びにもじっくり取り組むことができます。平日は仕事に、土曜日は学び直しに集中し、日曜日はプライベートの充実を図るなど、バランスの取れた2年間があなた自身を大きく変えていくでしょう。
平日夜の選択科目も充実
さらに広く、深く学びたい人のために、平日20時以降の講義も充実。19時に退社してからでも受講することができ、仕事のスケジュールと相談しながら、各分野の講義を選択することが可能です。
理論と実践を学ぶ
中京大学ビジネススクールは、理論と実践教育の融合による次世代ビジネスリーダーの育成を目的とした社会人のための大学院(ビジネススクール)です。時代の先端に立つ経営研究を続ける専任教授に加え、厳しい競争を勝ち抜いてきた地元名古屋の企業の経営トップ、各分野で革新を主導する現役のプロジェクトリーダーたちが集結。課題解決にいたる過程を体系的に学ぶ専任教授による講義と、多彩な客員教授の経験と実例をもとにした実践教育を両軸に、新たなビジネスリーダーの育成を目指しています。
  • 地元名古屋の一流企業リーダーから学ぶ
  • 実践重視のカリキュラム
  • 経営学をゼロから学ぶ人にも 安心サポート
  • 講義は 平日夜間と土曜日のみ

実績ある財界人が、あなたに経営の真髄を語る。

客員教授の中には、企業のグローバル化を陣頭で指揮してきた経営トップもいれば、新たな市場開拓に挑戦してきた起業家もいます。名古屋で活躍をしている多彩な客員教授による経験に裏付けされた実践的な講義を受けることが可能です。

授業 PICKUP 名古屋の一流企業トップから学ぶ

経営革新講座A

【担当教員】
杉浦 昭子  スギホールディングス(株)副社長
田中 一好  三菱UFJリース(株)相談役
筒井 宣政  (株)東海メディカルプロダクツ 会長
𡈽方 清   (株)サ-クルKサンクス元会長・社長
箕浦 輝幸  元・トヨタ紡織(株)会長
渡邊 吉弘  東洋精鋼(株)代表取締役社長

地元財界のトップリーダーから直接ビジネス手法を学ぶことができます。授業後の名刺交換は必須です!

すぐに実践できる!「ビジネス・スキル」と「財務・会計」に強力な布陣

ビジネスの実践にすぐ役立つ、即効性の高いスキル系科目を充実。各スキル開発の第一人者を招聘し、最先端の手法を講義します。
また、経営の要となる財務・会計分野においては、企業の会計部門で豊富な経験をもつファイナンスの専門家を専任教授として配置しています。

今日から実践可能な最先端のスキルを修得/スキル系科目例

コンサルティングのためのプロジェクト
プロジェクト・マネジメント手法の現状の問題点を踏まえ、国際基準であるプロジェクト・マネジメント知識体系に基づき、10のステップに従ってビジネス・コンサルタントとしてのプロジェクトの進め方を学習します。
ストラテジック・マーケティング
外資系企業において、消費財や高級ブランドの日本におけるマーケティング活動を実践した経験から、欧米のマーケティング理論の日本における実践方法を、実際のケースを取り上げながら、グループ学習を通して学びます。
リーダーシップ・スキル
アメリカで開発されたチーム分析ツールのフォースフィールド分析、およびチームマネジメントを体験するためのリードアウトシミュレーションゲーム理論を演習やゲームを通して学びます。

実務経験豊富な専門家の指導で、経営に必須の数字に強くなる/財務・会計科目例

財務会計
経営管理者として身に付けるべき会計の原理・原則の理解に重点を置いて学びます。ショートケースをもとにした討議と解説により、最近の会計基準改革の根底に流れる発想の理解を目指します。
経営分析
本講義では、財務情報に基づく経営分析を基礎として、様々な企業の経営戦略を分析していくとともに、その企業の経営課題をどのようにして解決していくべきか、という点を中心に検討します。また、M&AやEVA(経済的付加価値)、BSC(バランスト・スコアカード)といったテーマも取り扱い、導入上の留意点について討議します。講義では、ケース(企業事例)に基づくディスカッションと、企業の経営課題についてグループで検討するプロジェクトを並行して進め、具体的かつ実践的な議論を行います。
管理会計
企業経営における共通言語としての会計、およびそれを企業経営にどのように活用することができるかについて、具体的な企業の事例にもとづき、参加者全員で議論を通じて学びます。

授業 PICKUP トヨタ生産方式をトヨタの現役リーダーから学ぶ

トヨタ生産方式

【担当教員】
牛島 信宏 トヨタ自動車(株) TPS推進センター生産調査室主査
村本 範貴 トヨタ自動車(株) 生産管理部生産調査室主査

トヨタ生産方式の正確な内容を、トヨタ自動車生産管理部に所属する専門家であるおふたりが、生きた生産現場を背景に講義します。

経営学をゼロから学ぶ人にも安心サポート

経営学を初めて学ぶ人を対象とした基礎科目を設定。
さらに、段階的なステップアップ型カリキュラムで、目的に応じて着実に知識とスキルの蓄積を可能にします。

【基礎】MBA科目を学ぶ上で必要な基本的な知識・スキルを身につける補習的な講義を入学直後に開講。→【選択必修】財務・会計、戦略とオペレーション、ビジネススキルの3分類の中から選択することで、それぞれの目的に応じた専門性を着実に修得。→【展開】展開科目は、院生の多様なニーズに対応し、26科目※にのぼる多様な講義を設定。

※科目例
【戦略とオペレーション】舗施設マネジメント、生産管理、国際ビジネス戦略等
【組織・人材】リーダーシップスキル、組織マネジメント、経営組織等
【ビジネス・スキル】特殊講義Ⅱ(コミュニケーション技法)、シンキング・マネジメント等

土曜集中型のカリキュラム

中京大学ビジネススクールでは、平日20時以降と土曜日の科目を充実。夜7時に退社してからでも、講義に間に合うよう科目選択することも可能です。
また、日曜日には授業はありません。自分自身のプライベートの充実・友人との交流に当ててください。
費用面で不安な方は奨学金制度も利用することができます。また、教育訓練給付制度も利用可能です。

【平日(月~金曜日)】<6限>18:30~20:00<7限>20:10~21:40 【土曜日】<終日>9:30~18:20

「学びのコミュニティ」での経験を活かす

中京大学ビジネススクールでは、経営理論研究と実践的なビジネス教育とをバランス良く学ぶことができる社会人の「"学び直しの場"の提供」と、「ビジネスリーダーの育成を通じた社会貢献」を、教育研究上の理念・目的として掲げています。
その理念のもと、管理職や技術者を含む企業人・公務員・医療関係者等それぞれの分野で多彩な経験を持つ院生が集い、経験豊かな客員教授や専任教員と院生仲間との切磋琢磨を通じて、新たな知見が得られる「学びのコミュニティ」が形成されています。その学びのコミュニティでの経験は、必ずあなたの可能性を広げます。

修了後は、MBAホルダーとしての知識と能力を活かし、

  • ・新しいポジションの仕事を得る
  • ・幹部に昇進
  • ・起業
  • ・新しいキャリアを積むために転職

など、それぞれの分野の革新を主導するリーダーとして、また新たなビジネスの開拓者として活躍しています。

中京大学ビジネススクールで得た人脈を、ぜひ活かしてください。
多くの人が、MBAで共に苦労した友人との人的ネットワークの重要性を強調しています。
共に起業をしたりアドバイスをしあったり、転職の相談をしたりと大きな財産になっていくはずです。

中京大学ビジネススクールの魅力/ビジネスリーダーを創る 集い、語り、議論しあう 学びのコミュニティへようこそ
会計・ファイナンス入門
企業の財政状態及び経営成績を、数値的な裏付けに基づきながら適正に判断することは、企業経営において不可欠です。当講義の目的は、これを行う為に必要となる会計・ファイナンスの基礎を学ぶ事にあります。
財務会計
経営管理者として身に付けるべき会計の原理・原則の理解に重点を置いて学びます。ショートケースをもとにした討議と解説により、最近の会計基準改革の根底に流れる発想の理解を目指します。
経営分析
本講義では、財務情報に基づく経営分析を基礎として、様々な企業の経営戦略を分析していくとともに、その企業の経営課題をどのようにして解決していくべきか、という点を中心に検討します。また、M&AやEVA(経済的付加価値)、BSC(バランスト・スコアカード)といったテーマも取り扱い、導入上の留意点について討議します。講義では、ケース(企業事例)に基づくディスカッションと、企業の経営課題についてグループで検討するプロジェクトを並行して進め、具体的かつ実践的な議論を行います。
管理会計
企業経営における共通言語としての会計、およびそれを企業経営にどのように活用することができるかについて、具体的な企業の事例にもとづき、参加者全員で議論を通じて学びます。
金融システムと企業金融
「金融問題」に多く直面するのはベンチャー企業・中小企業の視点に立ち、キャッシュフロー管理・投資計画・資本政策の基礎、および資金調達の手段・問題点を議論します。また、企業の金融取引の諸相とリスク管理について詳論し、会計・税務的側面にも言及します。
経営戦略
経営戦略の代表的な理論を研究します。単に理論にとどまらず、経営戦略が実際のビジネス現場でどのように活用されているかを具体的に見ることとします。
マーケティング
本講義ではマーケティングとは何かを論じ、現場の各課題に応じて、新しい価値を創造して、顧客に満足や感動を与えるためのマーケティングがどのようなものかを考察します。ソーシャルマーケティングやポストモダンマーケティングについても論じ、マーケティングが現代社会にどのような影響を及ぼしているかを考えます。
さらに、マーケティングの働きかけが社会にどのような影響を与え、同時に社会から影響を及ぼされるかを考えます。たとえば、ペットボトルのお茶など、市場がわれわれの味覚を変化させ、変化した味覚はその味を市場に求めます。このようなマーケティングの再帰的循環を、時間的影響や空間的広がりを思い描きながら考えていきましょう。
マーケティング戦略
ケース企業によるマーケティング活動に関してチームごとにケース分析、戦略代替案の立案、実施計画の立案などを行うなかで、各自が独自の視点からマーケティング戦略を策定、あるいは実行できる能力を養成します。
ストラテジック・マーケティング
外資系企業において、消費財や高級ブランドの日本におけるマーケティング活動を実践した経験から、欧米のマーケティング理論の日本における実践方法を、実際のケースを取り上げながら、グループ学習を通して学びます。
店舗施設マネジメント
経営戦略から店舗コンセプトを形成し、顧客の要望と提案を実現するマーチャンダイジング計画と店舗構成を体系的に理解しているか、実際のケースを用いて討議方式と事例分析を通じて学んでいきます。
生産管理
生産管理では、企業や産業の事例を多く取り上げます。また産業クラスターや地域も対象とします。事例は集めることではなく深く考えるための道具であると考えてください。参加者の持ち込みテーマでの議論も取り入れていきます。双方向の議論、個人発表、グループ発表を交えながら進めていきます。
生産革新
現在の日本の製造業のおかれた環境を直視し、診断士がベンチャー企業や中小企業の診断・指導を行う際には、無形システムとしての生産マネジメント力が起業価値を高めるという認識が大切です。この授業では、中小企業の生産マネジメントを理解するよう進めていきます。
トヨタ生産方式
トヨタ生産方式の正確な内容を、トヨタ自動車生産調査部に所属する専門家であるおふたりが、生きた生産現場を背景に講義します。
特殊講義Ⅱ(技術経営)
日本の未来にとり、科学・技術の振興が不可欠の重要事であることから、技術経営は重要視されるようになっています。技術と経営というふたつの側面からの講義を行います。
サプライ・チェーン・マネジメント
SCMの基礎となった理論(制約理論とトヨタ生産方式)を理解したうえで、その理論がどのように現実のシステムとして展開されているのかを学びます。
国際ビジネス戦略
日本企業の中国での事業活動について考察を進めます。中国における事業成功要因は何か。今、在中日系企業の焦眉の課題となっている「経営現地化」の壁は何か。講義では、とくにこの中国における日系企業の「経営現地化」問題を中心に議論します。
中小企業政策
日本経済における企業活動、とりわけ、中小企業の経営活動をいかに活性化させ、その事業革新を促進させるか。このため政策論理、政策体系、政策手法、政策組織のあり方などを講義の対象とします。わが国については、歴史分析と現状分析を徹底的に行います。また、政策研究には国際比較の視点が重要であり、主要国での政策現状と歴史も併せて講義します。
中小企業の経営革新と創業支援
本講座は、経営革新の策定と実行について、実際の中小企業のケース・スタディを用いて実践していきます。その過程で、コンサルティング技法を体得することを目標とします。
情報・ビジネス戦略
この授業では、企業はビジネス戦略において、どのような情報戦略を駆使しているかについて具体的な企業の事例を通じて検討します。まず第1週では、経営戦略の基本について学習した上で、ケーススタディを通じて経営戦略の発展について議論します。第2週では、インターネットを活用したネットビジネスについて取り上げ、ネットビジネスのケーススタディを通じてビジネスモデル等について議論します。そして第3週では、ネット戦略を展開する企業の責任者の方にお越しいただき、実例を交えながら理解を深めたいと思っています。社会人大学院であるので、受講者の経験を相互に活かし、実践的な問題解決の訓練をしたいと考えます。
特殊講義Ⅰ(情報システム)
本講義では、情報システムを構成するハードウェアとソフトウェアおよびネットワークに関する基礎知識を解説した上、選定した実企業の情報システムのケース・スタディを用いて情報システムと経営組織および企業戦略との相互関連性に関する理解を深めていきます。
ベンチャー・キャピタル・マネジメント
ベンチャー・キャピタル・マネジメントの現状と今後の方向について理解し、起業における資金調達の方法と問題点を多面的に検討。株式公開に関する諸問題についても考えたいと思います。
組織と人材開発
人々の働きがいを高め、組織の活性化を図る「戦略的人材マネジメントの理論と実際的手法」について、「クオリティ・マネジメント」を活用したグループ活動を通じて経験し、修得することを本講義の狙いとしています。
リーダーシップ・スキル
アメリカで開発されたチーム分析ツールのフォースフィールド分析、およびチームマネジメントを体験するためのリードアウトシミュレーションゲーム理論を演習やゲームを通して学びます。
組織マネジメント
人事においては、人や組織能力、さらには次世代リーダー開発、M&Aなどの新たな課題への注目が高まっています。本講義では、実践的、ダイナミックな姿で人材マネジメントを捉え直し議論を進めていきます。
組織・人事制度デザイン
百数十社に及ぶ企業、公益法人、自治体組織のコンサルテーション経験を踏まえて、ティピカルな話題にふれながら、実際にコンサルテーションで使用するツールを使い、制度構築における対策立案方法を学びます。
経営組織
「マーケティング」と「イノベーション」について、経営戦略の考え方から経営組織の統計までを体系的に講義します。
パソコン・インターネット入門
MBAコースでの各種課題をこなしていくにあたり必要となるパソコン・インターネットの基本スキルおよび基本的なプレゼンテーションの作成術を習得することを目標とします。授業では、マイクロソフトワード・エクセル・パワーポイントによる資料作成、インターネットによる情報収集・処理について学習します。授業方法は、講師による説明を行ったうえで、実際に受講者が手を動かしてスキルを習得することを基本とします。
特殊講義Ⅱ(プレゼンテーション・スキル)
企画や提案をロジカルに構成する手法について学んだ後、聴衆に訴える発表技術、五感に訴える視覚物の作り方、わかりやすいスライドの作成の方法等について実際に職場にあるプレゼン資料を使い、インストラクターの解説、個人実習、グループ実習によって学んでもらいます。
コンサルティングのためのプロジェクト
この授業では、プロジェクト・マネジメント手法の現状の問題点を踏まえ、国際基準であるプロジェクト・マネジメント知識体系に基づき、10のステップに従ってビジネス・コンサルタントとしてのプロジェクトの進め方を学習します。
特殊講義Ⅱ(コミュニケーション技法)
ビジネスパーソンにとって、コミュニケーション(人間関係)の中で最も効率のいい伝達手段である"ことば"を通し、 はずむ会話や創造的議論を生み出す手法について実践を多用しながら学習します。
シンキング・マネジメント
シンキング・マネジメント法とは、論理的思考によって、問題解決/意思決定する手法です。ビジネス上の問題を解決するために、すぐれた経営者たちがどのように思考しているか、そのプロセスを解明し体系化し、実務適用を図った手法から学びます。
経営革新講座A
地元財界との強い協力関係により、複数名の客員教授陣から成るオムニバス形式の実践的な授業を行います。研究科の名称ともなっているビジネス・イノベーションについて、さまざまな方面からの講師をお招きすることにより、複眼的な視点によるビジネスセンスを磨いてもらいます。授業終了後の各講師陣との名刺交換は必須です。
経営革新講座B
地元財界との強い協力関係により、複数名の客員教授陣から成るオムニバス形式の実践的な授業を行います。研究科の名称ともなっているビジネス・イノベーションについて、さまざまな方面からの講師をお招きすることにより、複眼的な視点によるビジネスセンスを磨いてもらいます。授業終了後の各講師陣との名刺交換は必須です。授業外での工場見学を先生のご厚意で企画していただくこともあり得ますので、積極的に参加してみてください。
リスクマネジメント
リスクマネジメントの本質を、正しく理解した上で、実態社会に適切に応用できることを目的として取り組み、最終的には産学協同の立場から、使えるリスクマネジメントの習得を試みる授業です。
ビジネス・イングリッシュ
This course has two main goals. The first is to provide the student with examples of English conversation encountered in common business environments. The second is to help the student understand English as spoken by native speakers from various English speaking nations. We will also spend some time discussing cultural differences between native English cultures and dialects, as well as differences between Japanese culture and various English speaking cultures.
経営数学
ビジネス上の問題をスプレッドシートへいかに移行するかを学び、そこから問題を理解、分析し、解決していく。理論的な解説にはあまり時間を割かず、経営モデル分析の実用的な方法を学びます。
企業社会責任と経営革新
本講義では「ものづくり」に必要な企業法務・制度を学ぶとともに、製造業・食品製造業の事例を参考にして企業社会責任(SCR)と経営革新とは何かを考察していきます。また、企業経営と人事労務マネジメント上の課題、労働法と雇用契約、労務管理上のポイントについても確認します。
行政改革
行政改革は、日本の社会の革新を考える際、無視することのできない分野です。講義は、中央政府、県、市の3レベルに分けて進めていきます。
特殊講義Ⅰ(比較文化論)
本講義では、地球上における文化のタイポロジーと地理的条件から、それぞれの特質、歴史的関係のダイナミズム、そして日本文化と異文化との関係、文学、建築、美術、音楽、映画など諸文化の総合、現代におけるさまざまな衝突と融合の実態について、具体的に論じながらも、浩瀚な文化関係の体系を構築するようにしたいと思います。
特殊講義Ⅰ(都市空間経営)
本講義では都市空間を、社会、経済、技術、文化、すべての面において経営学的に論じるとともに、都市空間の、企画、開発、設計、投資、建設、運営、保守、更新などの具体的な諸現象を、経営的な視点から考えていきます。
環境経営革新
日本企業の環境経営にかかわる革新について経営者としての考え方と実践について概括する授業です。また、メーカーの環境経営の実践について3社の事例をもとに論じていきたいと考えます。
修了研究Ⅰ・Ⅱ
修了研究Ⅰ・Ⅱでは、MBA取得要件となる修士論文を作成します。修士論文には、実際の企業の問題解決を目的とした「実務研究」と、アカデミックな論文作成を目指す「学術研究」の2つのパターンがあり、院生の目的に合わせていずれかを選択します。
一人ひとりの論文作成を指導担当教員が2年次からマンツーマンで指導・支援します。なお、修了研究Ⅰ・Ⅱについては、指導担当教員と相談の上、指導曜日・時間帯をフレキシブルに決めることが可能です。
企業診断実習
1年次には、2社の企業診断をグループ(班)で行います。中小流通業・製造業の経営について、総合的に現状を把握することにより、経営改善課題を抽出し、課題解決のための重点部門毎の具体的な解決策を策定することを通し、指導・支援・アドバイスできるコンサルティングスキルを修得します。
次の2年次には、合計3社の企業診断をグループ(班)で行います。経営目的・目標を達成するために、企業が抱える重点経営課題の解決策を策定するとともに、解決策の具体化を提案することにより、指導・支援・アドバイスできるコンサルティングスキルを修得します。
中小企業の実践経営
中小企業の経営課題は多様化・複雑化しており、的確な環境認識とそれに応じた戦略の策定が求められます。この講義では、企業再生・経営改善に関する基本的な知識を学び、中小企業の経営を支える取り組みを考えていきます。
ビジネスゲームと経営
ビジネスゲームは経営シミュレータを使って企業経営の仕組みを学ぶための教材です。経営学(財務管理論、経営戦略論、マーケティング論、管理工学)の基礎知識を習得し、学んだ知識をゲームを通じて実践することで応用力を身につけます。そして、企業経営の面白さと難しさ、さらにはその奥に潜む経営の本質を体感的に学びます。

資料・願書請求

こちらからご請求ください。

資料請求はこちら

お問い合わせ先

TEL:052-835-7991
受付時間:平日 9:00~18:00
土曜 9:00~12:00

  1. ホーム
  2. 本気で学ぶためのコース・カリキュラム
  3. MBAコース

ページの先頭へ戻る

中京大学ビジネススクール
〒466-8666 名古屋市昭和区八事本町101-2 TEL:052-835-7991

Copyright © Chukyo University All Rights Reserved.