教員・ゼミ紹介

教員紹介

上田貴彦

上田 貴彦(うえだ たかひこ)

職名 准教授
専門分野 民法
研究テーマ 契約責任論の構造的変容と損害賠償
所属学会 日本私法学会
担当科目 民法ⅠA・B、入門演習(1年生)、専門演習Ⅰ(3年生)、専門演習Ⅱ(4年生)

経歴・学歴

1980年(昭和55年)大阪生まれ
同志社大学法学部法律学科、同志社大学大学院法学研究科(博士課程)を経て、
2008年4月より、中京大学法学部専任講師
2011年4月より 、現職

主要業績

論文 「ドイツ給付障害法における費用賠償制度の概観―契約利益賠償論の再構築を見据えて―」同志社法学 第57巻5号(310号)、2006年
「契約外の第三者による情報責任根拠と信頼責任法理―ドイツ民法典における専門家情報責任論の新たな動向―」同志社法学 第60巻7号(332号)、2009年
判例研究 「契約締結に対する信頼を損なった第三者の信義則上の責任」同志社法学 第58巻7号(319号)、2007年
著書 『Qからはじめる法学入門』(みらい、2017年)(共著)
判例解説 「使用者の安全配慮義務」松本恒雄=潮見佳男編『判例プラクティス民法Ⅱ債権』(信山社、2010年)231頁
「履行補助者の注意義務と安全配慮義務」松本恒雄=潮見佳男編『判例プラクティス民法Ⅱ債権』(信山社、2010年)232頁
「第三者による加害行為と安全配慮義務」松本恒雄=潮見佳男編『判例プラクティス民法Ⅱ債権』(信山社、2010年)233頁
その他 2011年学界回顧「ドイツ法<私法>」法律時報83巻13号(2011年)
2012年学界回顧「ドイツ法<私法>」法律時報84巻13号(2012年)
2013年学界回顧「ドイツ法<私法>」法律時報85巻13号(2013年)
「改正民法の趣旨と学理的課題 - 見えないルールの透明化に限界」中部経済新聞・オピニオン/オープンカレッジ(2015年9月25日)

教員からのメッセージ

学部生へのメッセージ

勉学だけに専念しろ、なんてことは言いません。その他にも大学という一社会で学ぶべきことは沢山あります。むしろ、いろんなことに挑戦してください。その際一つだけ心がけてほしいことがあります。何事もどうせするなら本気で楽しむこと!大学は、皆さん自身が本当にやりたいと思うことを自ら主体的に取り組む場です。勉強、ゼミ、サークル活動、遊び、どんなことでも本気で楽しんで取り組めば、それはきっと皆さんにとってかけがえのない経験となり財産となるはずです。勉強も例外ではありません。ただ単に勉強をするのではなく、勉強を楽しんでください。皆さんが日々充実した楽しい大学生活を送ってもらえることを切に願っています。

連絡先(E-mail) t-ueda (at) mecl.chukyo-u.ac.jp <(at)を@に置き換えてください>