教員・ゼミ紹介

教員紹介

愛知正博

愛知 正博(あいち まさひろ)

職名 教授
専門分野 刑事法
研究テーマ 国際社会と刑事法
所属学会 日本刑法学会、国際法学会、国際私法学会など
担当科目 刑事訴訟法A・B、国際刑事法、刑事法入門、基本演習(2年生)、専門演習Ⅰ(3年生)、専門演習Ⅱ(4年生)

経歴・学歴

1952年 岐阜県に生まれる。
1976年 名古屋大学法学部法律学科卒業
1978年 名古屋大学大学院法学研究科博士前期課程民刑事法専攻修了
1978年 名古屋大学法学部助手
1984年 中京大学法学部講師
1986年 中京大学法学部助教授
1990年 中京大学法学部・大学院法学研究科教授
2004年 中京大学大学院法務研究科教授併任(2007年まで)

主要業績

著書 『刑事訴訟法』八千代出版、1995(共著)
論文 「外国刑事判決と一事不再理」名古屋大学法政論集 第83号~第85号、1980
「犯罪人引渡と一事不再理の理念」名古屋大学法政論集 第90号、1982
「刑法の場所的適用における双方可罰の要件」福田平・大塚仁博士古稀祝賀『刑事法学の総合的検討(上)』所収、1993
「国際刑事裁判所規程の刑法総則的規定」国際法外交雑誌 第98巻5号、1999
「国際刑事裁判所による司法の性質」Lothar Philipps教授七秩祝壽論文集『刑事法學新趨勢』所収、2004
「日タイ受刑者移送条約の意義と展望」刑事法ジャーナル 第30号、2011
「国際刑事法における未遂の犯罪地」中京法学 第49巻3・4号、2015
判例研究 「逃亡犯罪人引渡法 2条5号および同6号の法意とアメリカ合衆国において有罪答弁を行って受理された者の引渡し」判例評論 第606号、2009

教員からのメッセージ

学部生へのメッセージ

人間に関することは何でも興味がありますが、最近は、特に『子どもの福祉』や『他との共生』に関心を持っています。そうした視点を土台にして、主に国際的な場面における刑事法の在り方について、研究しています。人間社会のさまざまな事がらについて、人間性を見つめながら、一緒に考えてみませんか。なお、愛知研究室に関する詳しい情報は、愛知研究室ホームページをご覧ください(下記アドレス)。

高校生・受験生へのメッセージ

みなさん、活き活きと過ごしていますか? わたくしは、人としての調和に思いをめぐらす「真剣味」という語が好きです。ものごとは、精一杯取り組むとき、何かを私たちに教えてくれます。新しいことが分かるのは、楽しいことです。人生の糧にもなります。人間社会のさまざまな事がらについて、バランスに気を配りつつ、一緒に考えてみませんか。

ホームページ http://openweb.chukyo-u.ac.jp/~aichi/
連絡先(E-mail) aichi (at) mecl.chukyo-u.ac.jp <(at)を@に置き換えてください>