学部紹介

ホーム > 学部紹介

概要

社会生活を営むうえで欠かすことのできないルール、法律。 なぜ、そのルールが必要なのか、ルールをどう解釈して活用すれば、人々の幸福や利益を守れるのかを考えるのが、法律学の基本です。 また、法は絶対ではなく、立場によって解釈は異なります。 法をどう解釈し、どのように判断するか。 法的な思考による判断力が「リーガルマインド」と呼ばれるものです。 法学部では、リーガルマインドを持ち、法の精神に基づいて行動できる人材の育成を目指します。

法学部では、専門科目を学ぶ前にまず入門科目として、「法学・憲法の基礎」「民法入門」「刑事法入門」「政治学入門」を学んで基礎知識を確かなものとします。 その上で取り組む専門科目はすべてが選択科目となっており、学生自身が興味や目的に応じて多彩な科目を自由に履修することができます。 さらに、将来を考えた科目選択のガイドラインとなるように、コース制度も併用します。 公務員、司法書士、ロースクール進学等を目指す「法律コース」。民間企業への就職、起業をめざす「企業コース」。教職・公務員・NPO・議員秘書をめざす「政治コース」の3つのコースがあります。