学術情報

ホーム > 課外活動 > 学術講演会・学術交流・法談会 > 「私がこれまで研究してきたことと、現在研究していること―法制史と経済史の架橋(?)―」

学術講演会

日付 2016年1月28日(木)
講演者 矢切 努准教授
タイトル 「私がこれまで研究してきたことと、現在研究していること
―法制史と経済史の架橋(?)―」
場所 第一会議室

矢切准教授は、ご自身の経歴・研究歴を振りかえりながら、現在の研究テーマである「戦前日本における地方財政調整制度の成立の過程」について、従来の先行研究について疑問を示されつつ、今後の研究の展望を論じられた。